不用品の処分費用の相場を品目ごとに紹介

不用品を処分するにしても、その方法はさまざまあります。業者も違えば、サービスも変わります。

たとえば、以下の方法があります。

  • 粗大ゴミとして捨てる
  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップで売る
  • ヤクオク、フリマアプリで売る
  • 家電量販店に引き取ってもらう
  • 引越し業者のサービスを利用する

このように、不用品を処分する方法がいくつかあります。

また、不用品の大きさや種類、数などによっても適している方法や費用は異なります。

特に気になるのが処分費用ではないでしょうか。

そこで、不用品の処分費用について、さまざまな業者や料金表を参考にしながら紹介したいと思います。

 

品目別 不用品の処分費用の相場

ここでは、品目ごとに処分費用の相場を紹介します。まずは相場をチェックして、実際に処分することになったらいくらかかるのかイメージしてみてください。

リサイクル家電

不用品の処分で困るものの代表格といえば、リサイクル家電です。具体的には、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機です。これらの家電は、とくに引越しの際などに処分するケースが多いです。

リサイクル家電を処分する場合、おもに「収集運搬料金」と「リサイクル料金」がかかります。運搬料金とは業者の手数料のようなもので、リサイクル料金は処分を依頼する人がリサイクルにかかる費用の一部を負担するものです。

リサイクル家電はサイズが大きいですし、リサイクル料金がかかります。そのため、処分するには3,000~10,000円程度かかると考えておきましょう。

回収を依頼するところは家電量販店が無難です。不用品回収業者の場合、対応が早いというメリットはありますが、処分費用は比較的高くなります。

ですから、費用をできるだけ節約しようと思ったら、家電量販店が最も良心的な相場なので安心です。

生活家電

一方、炊飯器や電子レンジなど、家電リサイクル法の対象外となるもの、いわゆる生活家電の処分料金はいくらかかるでしょうか。

生活家電の場合、サイズも小さく、リサイクル料金もかかりません。そのため、小型家電であれば、処分費用は1台につき500~1,000円程度になります。

もう少しサイズの大きなホットカーペットなどは、1,000~3,500円程度の処分費用になると思います。

家具

家にあるものの中で最もサイズが大きくなるのが家具です。そのため、不用品回収料金も必然的に高くなる傾向があります。

たとえば、ソファやベッドなどの大型家具になると、処分するのに3,000~10,000円程度になります。また、本棚やテーブルなどになると、2,000~5,000円程度の処分費用が相場になります。

ただし、この金額は回収業者に依頼した場合の料金です。

大型家具を処分するのにオススメの方法は、自治体で粗大ゴミとして捨てることです。引き取ってもらえる場所まで自分で運ぶという手間はかかりますが、料金は500~1,800円程度と格安です。

なお、自治体に回収してもらいたい場合は、事前の申し込みが必要です。また、回収日も自治体のほうから指定されるため、場合によっては予約から回収までに2週間程度かかるケースもあります。

引越しなどでいつまでに処分したいという時期が決まっている場合は、処分が間に合わなくならないよう、早めに準備することが大切です。

パソコンの本体や周辺機器

パソコンにおいてはリサイクルが可能な品目になります。そのため、古いタイプのものでも業者に依頼すれば、大抵の場合は引き取ってもらえます。

その際にかかる費用は、パソコン本体は1台につき500~1,000円程度、モニターだけの場合は1,000~2,000円程度になります。ほかにも、コピー機などの周辺機器を依頼する場合は、サイズにもよりますが、2,000~5,000円程度の回収費用がかかります。

ちなみに、回収業者によってはデータの消去などのサービスを行なっていないところもあるため、個人情報などは自分で責任を持って削除することが重要です。

オフィス家具

なかにはオフィスの移転や入れ替えなどで、使用しているデスクや棚、ロッカーなどが不要になるケースがあるかと思います。

それらのオフィス家具の引き取りを回収業者に依頼すると、1台につき8,000~10,000円程度の費用がかかります。一般家庭とは違い、数も多くなるはずですから、処分費用は相当高額になるはずです。

 

不用品処分にかかる費用を節約するには「売る」のが一番

ここまで、品目ごとに処分費用の相場を紹介してきました。

処分費用は主に収集運搬料金と考えておけば大丈夫です。ざっくりいうと、業者の手数料のようなものです。

もちろん、不用品のサイズや数によって料金は異なります。また、リサイクル家電においては「リサイクル料金」別途かかります。

いずれにしても、不用品を処分を業者にお願いすると、それにかかる費用は決して安くはありません。数が多ければ数万円の負担になるので、あまり気が進まないという人もいるはずです。

そこで、オススメしたいのが、処分品を売ることです。

処分すると言っても、なかにはまだ使えるものもあるはずです。そのようなものは捨てないで、まずは売ることを考えると良いです。

対象は主にリサイクルショップです。また、サイズの比較的小さいものであれば、ネットオークションやフリマアプリなども有効です。

数千~数万円かかる処分費用が、売ることで負担が軽くなるどころか、プラスになって返ってくる可能性もあります。

リサイクルショップなどでは無料で出張査定してくれるところも多いため、まずは売れるかどうか確かめてみるのが賢明ではないでしょうか。最悪、売れなくても無料で引き取ってくれるケースもあります。その場合、処分費用は負担しなくてもよくなるため、非常に助かります。

 

まとめ

一般ゴミであれば、収集日にパッと捨てられます。しかし、大型家電や家具、特殊なパソコンなどは、一般ゴミとしては捨てれません。

まずは適切な処分方法を確認しましょう。さらに、それぞれの方法によって処分費用は異なるため、できるだけ損をしない方法をチョイスしたいところです。

ただ、大前提として、まだ使えるものに関しては売ることを考えるようにしてください。これが最も損をしない、というより、最もお得な方法です。

いらないものを処分でき、さらに現金を受け取れるのですから一石二鳥というものです。これは売れないでしょう?と思うようなものでも無料で引き取ってくれるケースもあるため、まずはリサイクルショップなどで出張査定してもらうことをオススメしたいです。