不用品をバッサリ捨てて片付けを劇的に進めるコツ

ものがあふれて、部屋の中がごちゃごちゃ。なんて事態になっていませんか。

見えるところはキレイに片付いていても、クロークや押入れ、屋根裏など、普段目につかないところに物を推し詰めてしまっている人も少なくありません。

奥にあるものを取ろうとても、なかなか届かないため、一旦全部出して、またしまい直すことも多々あります。

そんな面倒なことを繰り返さず、不用品はザッと片付けてしまうのがオススメです。しかし、いざ処分しようと思っても、なかなか思うように捗らないこともあります。

そんなときは、片付けのちょっとしたコツを押さえておくだけで、驚くほどスムーズに片付けが進められるようになります。

今回は、ものをスッパリ片付けるコツについて紹介したいと思います。

 

ものを捨てる基準をハッキリさせる

まず、部屋が片付かない最大の理由として、ものが捨てられないというのがあります。反対に、ものを捨てられる人は、片付けが上手です。

そこで、ポイントなのは、捨てる基準を決めることです。

たとえば、1年以上使っていないものは捨てる、また使いたいと思わないものは捨てる、など、基準を明確にすれば、それをもとに捨てるのか、取っておくのか決断できるはずです。

安いものは捨てるのに抵抗があまりなくても、比較的高価なものはなかなか捨てられないことがあります。その場合は、捨てるのではなく、売ることを考えてみましょう

使わないからいらいない、けど捨てるのはもったいないと思うものは、売ってしまえばいいのです。

そうすれば、処分するのにそこまで抵抗を覚えないはずです。

服なんかも、まだ着るかもしれないと思い、何年も着ずに取っておくケースが少なくありません。

しかし実際、その服を着ることはありません。でしたら、それも売ってしまえばいいのです。

掘り出してきた服にときめくようなら、まだ着られる可能性はあります。しかし、何年かぶりに見ても、あまりときめかないのであれば、いっそのこと処分してしまったほうが良いです。

 

片付ける順番を決める

また、片付けの際にあまり感情に流されないようにするには、捨てていく順番を明確に決める方法が有効です。

手書きでもいいので、自分でチェックシートなどを用意し、処分したらチェックしていく。一つ一つ片付けていくと、ちゃんと進められているという実感が湧くので、とても充実感があります。

まずは、捨てるもの用の大きめの段ボールを一つ用意しましょう。いるものいらないものを分けていき、いらないものはその段ボールに入れていきます。

ある程度たまったら、いらないものを種類ごとに分け、捨てる順番を決めます。あとは、その順番に従い、捨てていくだけです。

その際、捨てるか迷ったものでも、スパッと処分するのがポイントです。もし本当に必要であれば、それは「捨てないもの」に分類されるはずです。

しかし、迷うということは、そこまで必要でないからです。きっとそのまま取っておいても、また1年、2年と放置されるのがオチです。

ですから、迷った場合は、一思いに捨ててしまうと確実に片付けが進められます。

 

書籍、雑誌の捨て方

意外と捨てるか迷うのが、本です。自分とって大切な内容の本であれば、なかなか捨てられないのも無理はありません。

しかし、だからといって、再び手に取り、熟読することもない。

実は、大半の本がそうです。ですから、もったいない感じもしますが、再び読むことがないと思えば、残しておいても無駄なだけです。

それに本は、もう一度買おうと思えば手に入ります。ですから、そう何回も読み直すような本でなければ、スパッと処分しましょう。そうすれば、スペースを有効活用できますし、何より相当スッキリすると思います。

 

実際に私が迷わずにズバッと捨てるもの

なかなか捨てる決心がつかないという人のために、参考までに、私がスパッと捨てるものを紹介したいと思います。

たとえば、読まない本や雑誌です。読まないということは、もう興味がないものです。また、読むかもと思い、取っておいたこともありますが、やはり読みません。

そんなときは、ダンボールか厚手の紙袋に処分したい本をどんどん入れていきましょう。反対に、何度読んでも役に立つものは、迷わず取っておけば良いです。人生において重要な本であれば、すぐに手に取れるような位置に置いた方が良いです。

それ以外の本は、あなたにとってさほど重要ではないのです。ですから、迷ったものはスパッと捨てましょう。

また、買ったわいいけど、あまり気に入っておらずにほとんど使っていないものです。ほとんど使ってないものなので、捨てるのに抵抗があるかもしれません。

しかし、使わないものは必要ないのです。いっそのこと、手放した方が気も楽です。

ただ、また比較的新しく、使えるものであれば、処分せずに売るのが得策です。使い込んだものに比べ、それなりに良い買値がつく可能性があるからです。売れれば、もったいないという気持ちも少しは和らぐはずです。

人からもらったものも、意外と使わなかったという経験はないでしょうか。

知人から「良かったら譲るよ」と言われ、そのときはラッキーくらいの気分でいただきますが、実際のところ、まったく使わないなんてことも良くあります。

もらえるものはもらっておこうとそのときは考えますが、いざもらうと、全然必要ないこともあります。

その場合も、潔く処分しましょう。もらったものを捨てるのに抵抗があるかもしれませんが、あげた人はそんなこと全く気にしていません。むしろ忘れているくらいだと思います。

それにもらったものはあなたのものですから、遠慮せずに迷わず処分しましょう。

その際、やはり売れるものは、リサイクルショップなどで買い取ってもらうのが良いです。少しでもお金に変えることができれば、かなりお得です。

 

まとめ

今回は、片付けのコツを紹介しました。

ポイントとしては、

  • 捨てる基準を決める
  • 捨てる順番を決める
  • 迷ったら捨てる

などのことを気をつけて進めれば、苦手な人でも片付けを進められると思います。

確かに迷う気持ちもわかりますが、実際のところ、処分しようか迷うものは使わないものばかりです。迷った挙句、取っておいても、やはり使いません。ですから、「迷ったら捨てる」をスパッと実践するのが片付けの最も重要なポイントになります。