不用品回収業者の選ぶときのポイントまとめ

不用品を処分する方法はいくつかありますが、たとえば自治体での粗大ゴミ回収や不用品回収業者を利用する方法です。

ただ、自治体でのゴミ回収は分別のルールが厳しくなり、回収すらしてもらえないゴミもあります。

そこで検討するのが回収業者です。

回収業者であれば、不用品の種類がバラバラでも、まとまった状態で引き取ってもらえます。また、依頼をしてからの対応も早いので、急ぎのときなどにはかなり便利です。

しかしながら、回収費用を巡るトラブルや、不法投棄などが絡んでくるケースも少なくありません。

ですから、回収業者を利用するときは、十分注意しなければいけません。

今回は、回収業者の選び方について紹介したいと思います。

 

不用品回収業者って何?

不用品回収業者とは、おもに家庭やオフィスなどから出る不用品を回収してくれる専門業者です。業者によっては、回収だけでなく、買取もしてくれるところもあります。

たとえば、不用品でも捨てるのはもったいないと感じるものがあると思います。しかし、リサイクルショップに持っていくのは面倒。

そんなときに回収業者が使えます。売れないものは引き取ってもらい、売れるものは買い取ってもらう。つまり、処分と買取を一緒にできるのが回収業者です。

自治体の粗大ゴミ回収なども便利ではあります。処分費用も比較的安いです。

しかし、重たいものでも自分で運ばなくてはいけませんし、回収日が少ないのがデメリットです。

そのような場合は、やはり回収業者に頼むのが一番です。

 

不用品回収業者との費用を巡るトラブル

ただし、回収業者の選び方を間違えると、費用を巡るトラブルにつながるケースも少なくありません。

たとえば、次のようなケースです。

  • 無料といっておきながら高額請求された
  • 無断で家を物色された
  • 最初に言われた金額から、さらに追加料金を請求された
  • 不用品の引き取りを断ったら、脅された
  • 有料回収された不用品が道端に捨てられていた

このように、不用品回収業者におけるトラブルが多発しているのも事実です。

とくに女性や高齢者など、弱い人を狙って違法請求するケースが多いです。なかには恐い声で脅してくる業者もあるくらいなので、恐いですね。

また、無許可で回収を行っている業者など、回収品から売れる金属などを抜き取り、あとはゴミとして不法投棄してしまうところもあります。

大きな家財を回収してもらうときでも、作業が雑で、壁を傷つけられたというトラブルもあります。もちろん業者側の責任ですが、それに対応する保険に入っておらず、修繕費の支払いを拒否するような悪質な業者もあります。

このようなトラブルの事例を見ると、不用品回収業者を依頼するのが恐くなってしまいます。

 

不用品回収業者を選ぶときのポイント

ただ、きちんとした業者を選べば、しっかりとしたサービスを提供してくれるところもあるのは確かです。ですから、優良で許可を受けている業者をいかに選ぶかがポイントになると思います。

ここからは、不用品回収業者の選び方について紹介します。

許可業者が確認する

不用品を回収するには、きちんと自治体から許可を得ている必要があります。上記のようなトラブルに発展する業者は無許可業者がほとんどですから、ここは重要なポイントです。

ですから、業者を選ぶときは認可されたところかを確認しましょう。業者のホームページを見ると、会社概要のところにそういった内容が書かれているはずです。

ホームページを運営していない回収業者でも、許可を受けているか聞けば、きちんと答えてくれるはずです。

しかし反対に、許可業者であることをきちんと証明できないところや、質問にしっかり答えてくれないところは、違法業者の可能性が高いと思います。

本来なら無料回収は無理

不用品回収するには、人件費や車両費用、その後の処分費用など、さまざまな経費がかかります。ですから、回収業者を利用するときは、それなりに費用がかかるのは当然です。

したがって、「不用品回収が無料」というのは、本来ならあり得ないことです。売上を立てずに不用品回収しても、赤字になるばかりです。

この点から、不用品回収をまともに行なっているところは、きちんと適正な費用を請求されます。しかし、無料回収を行っている業者はあやしいです。全てではないですが、違法業者の可能性が高いです。

ゴミを捨てるのにもお金がかかるとうのは、理解しておくと良いです。

ただ、処分費用が高すぎるのも問題です。そのような業者を利用すれば、単純にあなたの負担が増えてしまうだけです。ですから、適正な価格の業者を使うことをオススメします

なお、無料回収業者でも、なかにはきちんと許可を受けているところもあります。そのような業者は、引き取った不用品を再販したり、リサイクル素材として売っているため、たとえ無料回収しても利益を得ることができています。したがって、無料回収業者でも問題ありません。

要は、許可を得ているか得ていないかが重要です。

見積書や領収書をきちんと発行してくれるか

違法業者の場合、最初は無料といいながら、あとから高額請求してくるケースがあります。

ですから、はじめに見積書を提示してもらうことはとても有効です。なぜなら、高額請求されても、あとから金額が違うと主張できるからです。

そもそも、違法業者はまともな見積書を提示してくれないところがほとんどです。ですから、見積書をもらえるかどうかも大きな分かれ目になります。

同様に、領収書を発行してくれるかもポイントです。領収書には、その会社名や住所、電話番号が載っています。

しかし、領収書を発行してくれない業者は、そのことを明らかにしたくない、もしくは所在すらないといった可能性があります。

したがって、きちんと許可を受けて真っ当な商売をやっている回収業者は、必ず領収書も発行してくれます。

 

まとめ

今回の不用品回収業者の選び方について、重要な点をまとめます。

  • 回収業者の許可を得ているかが重要

ホームページの会社概要をチェックする、もしくは直接聞く

  • 適正価格で回収してくれるか

違法な無料回収はNG。高すぎてもNG。

  • 見積書や領収書を発行してくれるか

これらの書類は物的証拠にある。違法業者は発行するのを嫌がる、もしくは発行してくれない。

 

これらのポイントにきつければ、きちんと運営されている回収業者を選べると思います。もちろん、ちんと許可を得て、誠実に運営している回収業者もあるので、しっかり選べば、便利な処分方法です。

もし回収業者を自分で選ぶのが不安な場合は、自治体から紹介してもらうこともできますよ。きちんと許可業者を紹介してくれるので、安心だと思います。

もし、実際に回収業者を利用してトラブルに遭ったら、その場ですぐに費用を払うのではなく、消費者センターに相談することをオススメします。

無料回収業者の利用で起こる可能性のあるトラブルと対策