もう乗らなくなった自転車を処分する方法

長年乗った自転車。ザドルがハゲたり、錆びついたり、見た目からもボロボロなのがわかる状態になってくると、そのまま乗り続けるのもちょっと恥ずかしいですよね。

そんなときは、思い切って自転車を買い替えましょう。最近の自転車は結構安い商品も多いです。

ただ、そこで困るのが自転車の処分です。そうそうある経験ではないので、どう処分すればいいのかわからない人もいると思います。

もちろん、自転車を適当なところに放置すると、法律違反になり、罰則が課せられます。ですから、きちんと自転車の処分方法を理解しておきましょう。

今回は、自転車の処分方法について紹介します。

 

粗大ゴミとして自転車を捨てる

自転車は、自治体で粗大ゴミとして処分できます。その場合、予約したり処理券を購入したりする必要はありますが、きちんと手順を踏めば簡単です。

具体的な方法はこちら→参考記事

処分費用は自治体によって異なりますが、1,000円程度で済むと思います。

 

自転車を友人、知人に譲る

最も効率的な方法は、知り合いに譲ることです。あなたは無料で自転車を処分できますし、相手はほしかった自転車が無料で手に入るのですから、どちらにとっても好都合です。

ただし、自転車を知り合いに譲るときは、防犯登録を一度抹消登録して、さらに登録し直す必要があります。これをしないと、知り合いの人が自転車を盗難したことになってしまいます。

手続きのときには防犯登録カードがいるので、忘れずに自転車と一緒に渡しましょう。

 

サイクルショップに引き取ってもらう

自転車を買い替える場合は、購入するお店でそのまま古い自転車を引き取ってもらうこともできます。スムーズに乗り換えできるので、この方法が一番効率がいいと思います。

お店によっては無料で回収してくれるところもあるので、そのようなサイクルショップで自転車を買えば、無料で処分できます。

また、有料の場合でも500~1,000円程度で引き取ってもらえるはずなので、そこまで負担にはならないと思います。

 

自転車をゴミ処理場に自分で持ち込む

また、管轄のゴミ処理場に自分で持っていく方法もあります。自治体に問い合わせるかネットで調べれば、場所はわかります。

この場合は、とくに予約は必要ありません。

処分費用は重さによって決められるため、軽い自転車であれば費用がかからないこともあります。かかったとしても数百円程度なので、この方法が最も安く済みます。

また、引越しや大掃除などで、ほかの粗大ゴミもいっしょにまとめて処分したい場合は、トラックなどを借りて持っていく方法もありです。

そうすれば、処分費用の支払いなど、手間を大幅に省けます。

ただし、自治体によって予約制になっているところもあるので、まずはホームページなどを確認してみてくださいね。

 

リサイクルショップ、自転車屋に売る

もし状態のいい自転車であれば、そのまま売ることも可能です。たとえば、リサイクルショップなどです。また、自転車屋でも中古品を買い取っているところもあります。

そのようなところに持っていけば、処分費用を負担せずに、少しでもお金に換えることができます。

リサイクルショッップは再販が目的です。ですから、ある程度キレイな自転車でなければ買い取ってもらうのは難しいと思います。

自転車屋は再販するケースもありますが、おもに部品として再利用するケースが多いです。ですから、とくに高価なロードバイクなどは処分せずに、まずは売ることを考えた方が良いです。

 

回収業者に引き取ってもらう

不用品の回収を専門で行なっている業者もあります。ネットで探せば、地域の業者がいつくか見つかるはずです。

回収業者は対応が早く、直接引き取りに来てくれるので楽です。

ただし、引き取り費用は若干高くなると思います。およそ1,000~3,000円程度です。

なお、回収業者のなかには、「一般廃棄物収集運搬許可」をもっていないのに回収を行なっている業者もあります。これは違法業者になるので、間違って依頼しなように注意が必要です。

業者のホームページを見ると、会社概要のところにそのような内容が書かれていると思います。ホームページのない業者は、直接問い合わせて聞いてみましょう。

または、許可業者を自治体から紹介してもらうことも可能です。そうすれば、許可を得ていることは確実なので、安心して依頼できると思います。

 

まとめ

自転車の処分方法は次のとおりです。

  1. 粗大ゴミとして自転車を捨てる
  2. 自転車を友人、知人に譲る
  3. サイクルショップに引き取って
  4. 自転車をゴミ処理場に自分で持ち込む
  5. リサイクルショップ、自転車屋に売る
  6. 回収業者に引き取ってもらう

不用品とはいえ、まだ使えるものはまず売ることを考えましょう。売れればラッキーです。

ただ、古いものは買い取ってもらえない場合が多いので、そのときは仕方なくので処分します。

なお、自転車を買い替えるときは、そのお店に引き取ってもらうのが一番手っ取り早いです。買い替えないときでも、近所の自転車屋さんに持っていけば、有料で引き取ってくれるはずです。

また、知り合いに欲しい人がいないか聞くのもいいでしょう。もし欲しい人が見つかれば、あなたにとっても相手にとってもメリットがあります。

あるいは、粗大ゴミとして処分することもできます。予約などの段取りは必要ですが、そこまで面倒はかかりません。

このなかから、あなたにとって都合のいい方法で自転車を処分しましょう。