不要になった衣装ケースの処分方法

衣装ケースは服や小物などをしまっておくには非常に便利です。衣装ケース同士を重ねることもできるので、クローゼットの空間を有効活用できます。

ただ、ずっと使っているとボロボロになったり、新しく衣装ケースを買って古いものがいらないくなる場合もあります。

そんなとき、衣装ケースはどうやって処分すればいいのでしょうか。

今回は、衣装ケースの処分方法をいくつか紹介していきます。

 

衣装ケースを廃棄処分する

一般ゴミでは、燃えるゴミ、不燃ゴミ、プラなど、いろいろ分類がありますが、衣装ケースはどう分類するのでしょうか。

衣装ケースはサイズが大きいたいめ、一般ゴミとして捨てることはできません。その場合、自治体が有料回収を行います。

衣装ケースは粗大ゴミになります。

では、衣装ケースを粗大ゴミとして処分する場合は、費用はいくらかかるのでしょうか。

一般的には、300~500円程度かかります。自治体によって金額は異なるので、回収の予約する際に確認しましょう。

 

衣装ケースを粗大ゴミとして回収してもらう流れ

粗大ゴミ回収は予約が必要になります。パッと捨てて持って行ってもらえるものではないので注意しましょう。

1,予約

まずは、住んでいる自治体のホームページ、または電話から予約します。ネットであれば24時間受け付けているので、いつでも申し込めます。

2,粗大ゴミ処理券を買う

次に、粗大ゴミに貼る処理券(シール)を購入します。市区町村役所やコンビニ、スーパーなどで買うことができます。

ただし、販売しているところは自治体によって異なるので、ホームページもしくは電話で聞いておきましょう。

3,収集日当日の朝に衣装ケースを出す

収集日は自治体のほうから指定されます。その日の朝に、衣装ケースを指定場所まで持っていきます。

指定場所は、建物(家、アパート、マンションなど)の敷地内で、道路に面した場所です。つまり、回収トラックが来て、パッと持っていける場所のことです。

もし建物の前まで車が入れない場合は、トラックが通れる道まで粗大ゴミを持っていかなくてはいけません。

賃貸住宅の場合、粗大ゴミ置き場があるときもありますが、ない場合は敷地内の一角を借りることになります。事前に、粗大ゴミを置かせてもらうことを管理人に断っておきましょう。

なお、衣装ケースに「粗大ゴミ処理券」を貼るのを忘れないように気をつけてください。忘れてしまうと、回収してもらえません。

 

衣装ケースを一般ゴミとして処分することは可能?

衣装ケースは粗大ゴミとして処分すれば問題ないです。しかし、数百円とはいえ、処分費用がかかるのは残念です。

そこで、お金をかけずに衣装ケースを処分する方法はないのでしょうか。

自治体によって対応は異なりますが、ゴミ袋に入るプラスチックは一般ゴミとして捨てることができる場合もあります。その場合、可燃ゴミまたは不燃ゴミに衣装ケースは分類されます。

しかし、大きな衣装ケースをゴミ袋に入れるのは至難の技。

ですから、衣装ケースを解体してしまうのです。ちょっと強引な方法ではありますが、ゴミ袋に入りさえすれば問題ありません。

その際、衣装ケースをバラバラにするのにノコギリが必要です。普通のハサミでは固くて切れないと思います。

ただし、ノコギリがない場合は買うことになります。安くても1,000円程度はするので、反対に高くなってしまう可能性もあります。

ですから、ノコギリをすでに持っている、もしくは今後も使うという場合は、分解して一般ゴミとして衣装ケースを捨てるのも良いと思います。

しかし、そのためだけにノコギリを買うのはナンセンスです。その場合は、費用を負担して粗大ゴミとして回収してもらいましょう。

 

車があれば衣装ケースを処分場に持ち込める

また、処分場に自分で持ち込むという方法もあります。衣装ケースはサイズが大きいため、車が必要になりますが、その条件をクリアできれば可能です。

衣装ケースも大きさや数にもうよりますが、自分で持ち込めば、処分費用がかからないケースもあります。自治体などに問い合わせれば、処分場の場所や費用について教えてくれるはずですから、一度確認してみると良いです。

この方法であれば一番手っ取り早いですし、費用もかからないのでいいと思います。

 

衣装ケースを売ることは可能?

お得な方法として、リサイクルショップなどに売ろうと考えている人もいるかもしれません。

しかし、衣装ケースというのは、そもそも新品で買ってもそう高くはありません。それをわざわざ古いものを中古品として買う人も少ないです。

キレイな状態の衣装ケースなら数十円の買値がつくかもしれませんが、リサイクルショップに売ってもほとんど値がつかないか、引き取りに費用がかかってしまうと思います。

また、ヤフオクメルカリなどで売る方法もありますが、これもオススメできません。なぜなら、商品を送るのに送料がかかるからです。

中古の衣装ケースはそもそも高く売れないため、かえって送料の方が高くなってしまう恐れがあります。その場合、手間をかけて出品しても、結果、損をしてしまうことになります。

 

まとめ

衣装ケースは非常に便利なグッズですが、捨てるときは意外と手間がかかってしまいます。

方法としては、粗大ゴミ回収に出すのが一番無難です。多少費用はかかりますが数百円なので、安いものです。また、衣装ケースは軽いので、持ち運びも問題ないかと思います。

場合によっては、ノコギリで切って一般ゴミで出すことも可能です。ただ、結構面倒ですし、ノコギリを買う必要も出てきます。費用はかかりませんが、あまりオススメできる方法ではありません。

リサイクルショップ、ネットオークション、フリマアプリなどで売ることも可能ではあります。

しかし、ほとんど値がつかなかったり、送料などが高くついて、反対に損してしまったりする可能性もあります。

ですから、かなりキレイな状態で、それなりにいい値段で売れない限りは、売ることはオススメできません。