いらない物を処分して社会貢献!不用品を寄付する方法まとめ

不用品の処分は意外と困ります。品目によって処分方法が異なるからです。粗大ゴミとして処分したり、回収業者などに引き取ってもらう方法もあります。また、リサイクルショップに買い取ってもらうのも良いでしょう。

しかし、もう一つ、とても満足感のある処分方法があります。

それは、寄付です。

ある意味、不用品を売ってお金にするより、心の充足感というのは強いかもしれません。なぜなら、いらないものを都合よく処分でき、さらに社会貢献にもつながるからです。

今回は、不用品を寄付するメリットと、その方法について紹介したいと思います。

 

国際社会支援推進会「ワールドギフト」を利用する

不用品を処分する方法はさまざまありますが、今回は「寄付」についてオススメしたいと思います。

不用品を寄付することによって、困っている人を助けたり、ときには命を救ったりすることにもつながます。ですから、捨てるから寄付へと意識を買えることで、思いもよらぬ貢献ができるのです。

なかでも、世界に活躍の場を広げている国際社会支援推進会「ワールドギフト」というところがあります。

たとえば、衣類や電化製品、おもちゃや人形など、あらゆる不用品の寄付を募っています。

ゴミとして捨ててしまう前に、一度、寄付することを検討してみてはいかがでしょうか。

 

どこへ寄付されるの?

寄付してものの送り先はさまざまあります。

たとえば、海外の貧しい子供たちです。古着や食器、布団から文房具まで、意外なものでも寄付を募っている場合があります。

物によっては集荷できないものもありますが、それが可能どうか、一度公式サイトを堪忍してみてください。

ワールドギフト公式サイト

ホームページにあるフォームからお問い合わせもできます。

 

国内の子供たちにも寄付できる

海外だけでなく、国内の子供たちも対象になります。たとえば、ランドセルや日用品、ベビー用品から食料品など、国内にも寄付したものを必要としている人はたくさんいます。

もう使わないから廃品として捨ててしまうこともあるかと思いますが、少し考えを変え、それをそのまま寄付するのも非常に有効な手段だと思います。

 

匿名のサンタさんにもなれる

また、寄付したものが障害者のクリスマスイベントなのでのプレゼントとして使われるケースもあります。自分を匿名のサンタさんのように想像すれば、それだけでちょっと幸せな気分も味わえることでしょう。

 

高齢者の支援にもなる

もちろん、対象は子供たちや障害者だけはなく、高齢者への貢献にもなります。このように、さまざまな状況で苦しんでいる人たちに支援できるのが、ワールドギフトの素晴らしいところです。

あなたがいらないと思ったものでも、世界にはそれを必要としている人がいることを忘れてはいけません。

 

動物たちへの支援にもなる

さらに、ワールドギフトが支援する対象は人間だけに留まりません。

世の中には、飼い主がおらず、行き場を失った動物がたくさんいます。そして、そのような動物を保護するための孤児院のようなところも実在します。

もちろん、そのような場所を運営するのにもお金がかかります。

ワールドギフトでは、そのような動物のための支援も行っています。詳しい資金ぶりはわかりませんが、あなたが不用品を寄付することで、行き場を失った動物たちの命を救うことにもつながるのです。

 

感謝の手紙が届くこともある

寄付をすると、それだけで充実感があります。

しかし、本当にどうのように活用されているのか、ときどき不安になることもあるかもしれません。

ワールドギフトでは、品をただ送って終わりといった仕組みにはなっていません。ときにはお礼の手紙や写真が届く場合もあります。

もちろん、問い合わせに対しても丁寧に返信してくれるのも嬉しいです。何かしらの反応がないと不安な人にとっては、ワールドギフトの対応はしっくりくるはずです。

 

ワーフドギフトの実際の利用方法

それでは、具体的な利用方法を簡単に紹介します。

まずは、ホームページのフォームから申し込みます。必要なことを書いて、あとは返信を待ちます。

希望する日時に宅配業者が集荷にきます。それまでに寄付したい物の準備をしておきましょう。

ちなみに、年中受付は行なっています。

集荷までに寄付したいものをダンボールに梱包します。もちろん中古ダンボールでも良いです。梱包のときに使われたダンボールや新聞紙は、さらに自然保護団体に寄付されるような仕組みになっています。

どうしてもダンボールを用意できないようなら、衣装ケースや布団袋などでも代用できます。また、不要となったスーツケースを使うのも良いです。

 

集荷料金はかかる

ひとつ残念なことといえば、集荷料金がかかることです。気軽に無料で送ることができれば良いのですが、送料は自分で負担する仕組みになっています。

確かに、寄付されるときの送料をすべて団体が負担していては、維持費そのもので相当な負担になってしまいます。それでは、世界へ寄付するどころが、ワールドギフトの存続すら危ぶまれるでしょう。

したがって、このような理由から、送料を負担することは覚えておいてください。

 

リサイクル料金はかからない

しかしながら、通常、リサイクル家電を処分しようと思ったら、リサイクル料金を負担することになります。

しかし、それをワールドギフトに送れば、送料のみの負担で、リサイクル料金は払わずに済みます。ですから、リサイクル家電を格安で処分できるというメリットもあります。

 

まとめ

今回は、不用品を寄付できるワールドギフトについての紹介でした。

リサイクルショップに売ったり、フリマアプリ、ヤフオクなどで売ることは知っていても、不用品を寄付するという考えはなかったという人は少なくないはずです。

確かに、不用品を売ることができれば、お金に変えられるので一番メリットがあります。

しかし、物によっては売れない場合もありますし、売れても10円にしかならないことも少なくありません。

それであれば、思い切って寄付してみるのもアリだと思います。それには集荷料金がかかってしまいますが、社会貢献度はかなり高いです。

ですから、どうしてもお金に困っているから物を売りたいという場合でなければ、不用品を寄付することも検討してみはいかがでしょうか。