ボロくなって使わなくなった古い布団を適切に処分する方法

引越しのタイミングで布団を新調したり、ベッドを購入したことにより、布団がいらなくなったというケースもあるかと思います。

そのような場合、布団はどうやって処分すれば良いのでしょうか。

今回は、布団の処分方法について紹介したいと思います。

 

布団はどう捨てる?

布団を捨てたいけど、何ゴミかわからないという人もいると思います。

布団が何ゴミに分類されるかは、その素材によります。たとえば、綿や布であれば可燃ごみではあるんですが、実は可燃ゴミにも大きさの制限があります。

たいていの自治体では、30~50cm以下であれば、可燃ゴミとして処分できます。しかし、サイズがこれよりも大きいと、可燃ゴミとしては処分できません。

その場合は、布団を粗大ゴミとして処分することになります。

 

粗大ゴミとして捨てる

布団を粗大ゴミとして処分したいときは、事前に予約が必要です。さらに、処理券を購入して、そのシールを貼って出すことになります。

自治体によって処分費用は異なりますが、300~500円程度で処分できると思います。

なお、粗大ゴミを出す日は自治体から指定されます。その日の朝に、指定場所に布団を出すようにしてください。

可燃ゴミとして捨てる

素材としては、布団は可燃ゴミになります。ただ、サイズが大きいので、正確には可燃ゴミとしては捨てれません。

では、どうするのか。

少し強引な方法になりますが、布団を細かく切ってしまえば、可燃ゴミとして捨てることはできます。規定のサイズ以下に細かく切り、可燃ゴミの袋に入れて捨てましょう。

 

布団販売店に引き取りを依頼する

布団を買い替える場合は、この方法が有効です。新しく買う布団屋さんにお願いして、古くなった布団を同時に引き取ってもらいましょう。

この場合、処分費用が有料のところもあれば、無料で対応してくれるところもあります。その点を含めて、購入前に確認しておくと良いです。

 

不用品回収業者に回収してもらう

不用品を専門で回収してくれる業者があります。回収業者であれば、布団に限らず、さまざまな不用品をまとめて引き取ってもらえます。大掃除などで不用品がたくさん出た場合は便利です。

また、依頼をしてから回収してもらうまでが早いのも助かります。急いで処分したいときは、回収業者が一番です。

ただし、不用品回収を行うには、自治体からの許可が必要です。なかには無許可で回収をこなっている業者がありますが、その場合は違法になります。

また、そのような違法業者に依頼すると、高額な費用を請求されるなどのトラブルも多発しています。

ですから、不用品回収業者は自治体から許可を得ているところを選ぶようにしてください。

 

引越し業者も不用品回収は可能

引越し業者のなかには、不用品回収を行ってくれるところがあります。依頼する業者によってサービス内容は異なるので、事前に引き取ってもらえるか確認しておきましょう。

引越しのついでに不用品を処分したいときは、引越し業者にまとめてやってもらうのが最も効率がいいと思います。

ただし、処分費用は少し高くなると思います。便利なのですが、費用のことを考えると、粗大ゴミなどで処分したほうが安くなります。

 

布団を処分するときのアドバイス

上記では、布団を切って可燃ゴミとして処分できると説明しました。そのときに、ふと圧縮袋を使うと便利です。ある程度小さく切ってから圧縮袋を使えば、簡単にサイズが小さくなります。

とにかく、規定のサイズより小さくなれば良いので、大きな布団を処分したいときは有効です。

 

布団を寄付するという手もある

ネットで調べると、古着や不用品など、もちろん布団などの寄付を募っているサイトがあります。その運営団体に布団を送って寄付することも可能です。

そうすれば、処分せずに再利用されるため、一番有効的な方法かもしれません。また、その布団が誰かの役に立つと思うと、充実感もあります。

ただし、送料などがかかる場合があります。その送料が自己負担となれば、処分費用と同じくらいか、もしくはそれ以上の費用がかかる可能性もあるのです。

それでもいいから寄付したいという気持ちがあれば、寄付するのが最も有効な処分方法になるでしょう。

 

まとめ

布団の処分方法について簡単にまとめます。

方法としては、

  • 粗大ゴミとして捨てる
  • 細断して可燃ゴミで捨てる
  • 回収業者に依頼する
  • 引越し業者に依頼する
  • 寄付する

などの手段があります。

布製品なのでリサイクルショップなどで買い取ってもらうのは難しいと思います。

最も一般的なのは、粗大ゴミとして捨てる方法です。有料にはなりますが、そのまま引き取ってもらえます。また、細断して可燃ゴミとして捨てることも可能です。

あるいは、寄付するという方法もあります。場合よっては送料などを負担することになりますが、最も有効的な活用方法だと思います。