古着を捨てたいけど有効活用したときの処分方法

家の中を整理していると、もうほとんど着ていない古着が結構出てきます。「まだ全然キレイだけど、デザイン的にもう着られない」なんて服がありませんか。

いっそのこと処分したいけど、古着として廃品回収に出すのは何だかもったいない。

かといって、古着を売ることができるのか、それとも他の活用方法があるのか、どうやって処分しようか迷っている人もいるはず。

今回は、古着の処分方法について紹介したいと思います。

タンスの肥やしになってしまっている古着。もう使わないのであれば、ぜひ有効活用できるような方法で処分しましょう。

 

服が増えてしまう理由

服は毎シーズン、ちょっとずつ気に入ったものを買い足していきます。かといって、そうボロボロになるまで着つぶす服もありません。

そうなれば、必然的に服は増えていきます。定期的に使わなくなった服を処分していればいいのですが、まだ着られる服ですと、どうしても取っておきたくなるものです。

買うけど、捨てない。

これが服が増えてしまう理由です。

おしゃれな人で、コーディネイトのバリエーションが豊富で、毎日いろいろな服を着まわしている人であれば、たくさん服があっても困らないかもしれません。

しかし大抵の人は、今気に入っている服をある程度のローテーションで着回していると思います。古くなってデザインも流行から外れてしまうと、なかなか着る機会もなくなってくるものです。

そこで思い切って古着を処分してみると、片付くばかりでなく、家の中の気の巡りも良くなります。そうなると何が起こるかというと、新しい良い気が外から入ってくるのです。

たとえば、新しい素敵な服を買うとか。

そうして家にあるものをできるだけ停滞させずに循環させるのは、実はとても大切なことです。

なぜなら、物でも気でも、心でも空気でも、何でもそうですが、基本的に停滞するのが苦手だからです。ですから、流れが滞ること自体、あまり健全ではないのです。

つまり、断捨離というのは、その循環を意識的に作り出す意味もあるのです。

このことを踏まえ、古着は積極的に処分してほしいと思います。

 

古着を有効的に処分する方法

とはいっても、やはりまだ使える服を捨ててしまうのは抵抗があるという人もいると思います。

しかし、その古着を有効活用できるような形で処分すればどうでしょうか。多少捨てることへの背徳感みたいなものも薄れるのではないでしょうか。

そこで、古着のオススメの処分方法を紹介します。

古着屋やリサイクルショップで売る

まだまだ着られる服です。そんな場合は捨てるのではなく、売ってしまうのが賢明です。古着が売れればお金になりますし、また違った形で再利用されることになります。つまり、有効活用です。

古着屋さん服専門のリサイクルショップなどであれば、古着を積極的に買取してくれます。とくに有名ブランドの商品であれば、思いのほか高値で売れる可能性もあります。

また、ボロボロな服でも、重さ売りで買い取ってくれるところもあります。そのようなお店であれば、安くでもお金に換えることはできるはずです。

リサイクルという視点で古着を処分すれば、有効活用されるだけでなく、あなたにとってもお得な方法であることは間違いないです。

メルカリ、ヤフオクなど、ネットで古着を売る

また、売るという観点で、メルカリなどのフリマアプリやネットオークションを利用するのも有効です。ネットを利用すれば、意外なものでも売れることがあります

とくにブランド品であれば、思いのほか高値がつくこともあります。また、ノンブランドの服でも、ある程度まとめ売りのように工夫すると、それなりにいい金額になります。

注意点としては、送料や手数料がかかることです。ですから、その費用を踏まえて価格を設定する必要があります。たとえば、単価が安い服は、ある程度まとめて売り、送料や手数料でマイナスにならないように工夫しましょう。

出品するのに少し手間はかかりますが、リサイクルショップで売るよりは高値がつく可能性があります。

古着をできるだけ高く売るコツとは?

古着を売るときに、できるだけ高く買い取ってもらうコツがあります。

  • 可能であれば、ほころびなどは事前に直しておく
  • 高価なものはクリーニングに出す
  • 季節に合った服を売りに出す
  • まとめ売りを意識する

古着でもしょっと工夫すれば、だいぶ印象も変わります。また、クリーニングに出しことで、かなり印象も良くなり、結果的に高く売れる場合もあります。

なお、クリーニング代のほうが高くついてしまっては意味がないので、安いものは自宅で洗濯したほうが良いです。

また、需要に合っているタイミングで売りに出すのもポイントです。季節外れの古着は、どうしても在庫期間が長くなり、それだけ売れにくくなります。

また、ネットに出品しても、売れ残ってしまう可能性が高いです。ですから、季節を意識して売りに出すと良いです。

まとめ売りも意識すると良いです。単品では売りにくいような服でも、まとめたうちの1品であれば、一緒に売ることができます。多少なりともお金になりますし、処分もスムーズに進むと思います。

 

古着を寄付するという手もある

ここまでは、古着を売るための説明でした。

しかし、もう少し視点を変えると、「寄付」という選択肢もあります。

実際、古着を売っても、たいした金額にならないことも多いです。それであれば、利益は見込めなくても、寄付するのもアリだと思います。この方法が、心の充実感は一番です。

ネットで調べてみると、リサイクルショップなどとは違い、古いなどの不用品の寄付を求めているサイトがあります。運営団体は、古着の寄付を募り、それを国内外の必要としている人に送っています。

もし自分の古着が、服も買いないような貧困に苦しんでいる人に役立つのであれば、こんな良いことはありません。そう想像しただけでも、心が豊かになります。

 

まとめ

今回は、古着の処分方法についての紹介でした。

古着とはいえ、まだ使えるものを捨ててしまうのはもったいないです。

そんなときは、リサイクルショップ、古着屋、ネットオークション、フリマアプリなどで売ってしまうが一番です。処分するはずのものがお金に替わるので、お得な方法です。

あるいは、視点を変え、寄付するというてもあります。お金にはなりませんが、困っている人に役立てることができると考えれば、最も良い方法かもしれません。

いずにしても、古着の活用方法は意外とあるものです。パッと捨ててしまうのではなく、工夫して有効活用できる方法を考えてみましょう。