もう乗らなくなった自転車を処分する方法

長年乗った自転車。ザドルがハゲたり、錆びついたり、見た目からもボロボロなのがわかる状態になってくると、そのまま乗り続けるのもちょっと恥ずかしいですよね。

そんなときは、思い切って自転車を買い替えましょう。最近の自転車は結構安い商品も多いです。

ただ、そこで困るのが自転車の処分です。そうそうある経験ではないので、どう処分すればいいのかわからない人もいると思います。

もちろん、自転車を適当なところに放置すると、法律違反になり、罰則が課せられます。ですから、きちんと自転車の処分方法を理解しておきましょう。

今回は、自転車の処分方法について紹介します。

 

粗大ゴミとして自転車を捨てる

自転車は、自治体で粗大ゴミとして処分できます。その場合、予約したり処理券を購入したりする必要はありますが、きちんと手順を踏めば簡単です。

具体的な方法はこちら→参考記事

処分費用は自治体によって異なりますが、1,000円程度で済むと思います。

 

自転車を友人、知人に譲る

最も効率的な方法は、知り合いに譲ることです。あなたは無料で自転車を処分できますし、相手はほしかった自転車が無料で手に入るのですから、どちらにとっても好都合です。

ただし、自転車を知り合いに譲るときは、防犯登録を一度抹消登録して、さらに登録し直す必要があります。これをしないと、知り合いの人が自転車を盗難したことになってしまいます。

手続きのときには防犯登録カードがいるので、忘れずに自転車と一緒に渡しましょう。

 

サイクルショップに引き取ってもらう

自転車を買い替える場合は、購入するお店でそのまま古い自転車を引き取ってもらうこともできます。スムーズに乗り換えできるので、この方法が一番効率がいいと思います。

お店によっては無料で回収してくれるところもあるので、そのようなサイクルショップで自転車を買えば、無料で処分できます。

また、有料の場合でも500~1,000円程度で引き取ってもらえるはずなので、そこまで負担にはならないと思います。

 

自転車をゴミ処理場に自分で持ち込む

また、管轄のゴミ処理場に自分で持っていく方法もあります。自治体に問い合わせるかネットで調べれば、場所はわかります。

この場合は、とくに予約は必要ありません。

処分費用は重さによって決められるため、軽い自転車であれば費用がかからないこともあります。かかったとしても数百円程度なので、この方法が最も安く済みます。

また、引越しや大掃除などで、ほかの粗大ゴミもいっしょにまとめて処分したい場合は、トラックなどを借りて持っていく方法もありです。

そうすれば、処分費用の支払いなど、手間を大幅に省けます。

ただし、自治体によって予約制になっているところもあるので、まずはホームページなどを確認してみてくださいね。

 

リサイクルショップ、自転車屋に売る

もし状態のいい自転車であれば、そのまま売ることも可能です。たとえば、リサイクルショップなどです。また、自転車屋でも中古品を買い取っているところもあります。

そのようなところに持っていけば、処分費用を負担せずに、少しでもお金に換えることができます。

リサイクルショッップは再販が目的です。ですから、ある程度キレイな自転車でなければ買い取ってもらうのは難しいと思います。

自転車屋は再販するケースもありますが、おもに部品として再利用するケースが多いです。ですから、とくに高価なロードバイクなどは処分せずに、まずは売ることを考えた方が良いです。

 

回収業者に引き取ってもらう

不用品の回収を専門で行なっている業者もあります。ネットで探せば、地域の業者がいつくか見つかるはずです。

回収業者は対応が早く、直接引き取りに来てくれるので楽です。

ただし、引き取り費用は若干高くなると思います。およそ1,000~3,000円程度です。

なお、回収業者のなかには、「一般廃棄物収集運搬許可」をもっていないのに回収を行なっている業者もあります。これは違法業者になるので、間違って依頼しなように注意が必要です。

業者のホームページを見ると、会社概要のところにそのような内容が書かれていると思います。ホームページのない業者は、直接問い合わせて聞いてみましょう。

または、許可業者を自治体から紹介してもらうことも可能です。そうすれば、許可を得ていることは確実なので、安心して依頼できると思います。

 

まとめ

自転車の処分方法は次のとおりです。

  1. 粗大ゴミとして自転車を捨てる
  2. 自転車を友人、知人に譲る
  3. サイクルショップに引き取って
  4. 自転車をゴミ処理場に自分で持ち込む
  5. リサイクルショップ、自転車屋に売る
  6. 回収業者に引き取ってもらう

不用品とはいえ、まだ使えるものはまず売ることを考えましょう。売れればラッキーです。

ただ、古いものは買い取ってもらえない場合が多いので、そのときは仕方なくので処分します。

なお、自転車を買い替えるときは、そのお店に引き取ってもらうのが一番手っ取り早いです。買い替えないときでも、近所の自転車屋さんに持っていけば、有料で引き取ってくれるはずです。

また、知り合いに欲しい人がいないか聞くのもいいでしょう。もし欲しい人が見つかれば、あなたにとっても相手にとってもメリットがあります。

あるいは、粗大ゴミとして処分することもできます。予約などの段取りは必要ですが、そこまで面倒はかかりません。

このなかから、あなたにとって都合のいい方法で自転車を処分しましょう。

家具などの粗大ゴミを自治体で処分するときの手順

一般ゴミとは違い、大きな家具ともなると、そのまま捨てるわけにはいきません。

では、家具を処分するにはどのような方法があるのでしょうか。

一番確実なのは、自治体の粗大ゴミ回収に出すことです。収集を依頼するのに多少の費用はかかりますが、業者を使うよりはかなり安いと思います。

今回は、自治体での粗大ゴミ収集の手順を紹介します。

 

自治体での粗大ゴミ回収は費用が安い

大きな家具を処分するには、回収業者に頼む方法もあります。しかし、その場合は手数料が上乗せされるので、費用が高くなりやすいです。

たとえば、ベッドを処分するとなると、3,000~10,000円程度かかると思います。

一方、自治体の粗大ゴミに出せば、費用は500~2,000円程度で済むはずです。自治体によって金額は違いますが、とにかく安上がりです。

私も家具を粗大ゴミとして処分したことがありますが、そのとき

  • テーブル500円
  • ベッド800円
  • ソファ2,000円

程度の金額で処分できました。業者に数万円払うのと比べれば、かなり安いのが理解できると思います。

ですから、費用のことを思えば、自治体で粗大ゴミとして家具を捨てるのが良いです。

 

粗大ゴミを出したいときの手順

それでは、具体的にどうすれば家具を粗大ゴミとして捨てられるのでしょうか。

粗大ゴミ収集の特徴は、予約が必要だということです。一般ゴミのように勝手に出して、勝手に収集してくれるわけではありません。

まずは自治体に問い合わせて、直近の収集日がいつか聞きましょう。

さらに、その日までに粗大ゴミシールを購入します。家具1品につき、いくら分のシールを買えばいいのか教えてくれるはずです。

なお、粗大ゴミシールは市区町村役所やコンビニなどでも買える自治体もあります。

粗大ゴミシールに受付の時に指示された処理番号などを記入します。

粗大ゴミを出せるのは「回収日当日の朝」です。事前に出すことはできないので注意しましょう。

当日の朝、指定場所にシールを貼った家具を持っていけば、その日に回収してもらえます。

以上が、粗大ゴミを処分する流れです。

まとめると、

  1. 予約をする
  2. シールを購入する
  3. シールに必要事項を記入する
  4. 当日、指定場所に粗大ゴミを出す

といった流れになります。

 

粗大ゴミを捨ているときは指定場所まで自分で運ぶ必要がある

家具を粗大ゴミとして捨てるとき、一番問題なのが家具を運ぶことです。戸建て住宅であれば、粗大ゴミを玄関先、あるいは道沿いの入り口前まで運ぶことになります。

アパートやマンションの場合でも、玄関先まで取りに来てくれるわけではありません。車が通れる道に面した場所までは、自分で家具を運ばなければなりません。

これが一番厄介なところです。

たとえば、イスや小さめのテーブルなどなら、なんとか一人で運べるかもしれません。しかし、大型のベッドやソファ、テーブルともなると、なかなか一人で運ぶのは難しいです。

したがって、一人で家具を運べない場合は、誰か助っ人が必要です。とくに回収日時を指定されるので、助っ人が必要なときは前もってお願いしておくことが大切です。

当日になって家具が運べないなんてことになれば、処分が間に合わないこともあります。

 

粗大ゴミ収集の予約時期に要注意

粗大ゴミ収集をいつ予約するかも注意しておきましょう。

たとえば、引越しの時期が絡んでいるときは、一番注意が必要です。なぜなら、粗大ゴミ収集は予約してから2週間程度かかるケースもあるからです。

収集日は自治体から指定されます。自治体にもよりますが、おおよそ1ヶ月に1~2回程度です。したがって、予約のタイミングによっては、収集までに2週間以上かかってしまう場合もあるのです。

そこで注意したいのが、引越しのタイミング。

たとえば、来週引っ越す予定なのに、粗大ゴミ回収が2週間後ともなれば、処分が引越しまでに間に合わないことになります。

粗大ゴミは事前に出すことができないので、その場合は、自治体の粗大ゴミ回収はあきらめなければいけません。

ですから、引越しにともなって粗大ゴミを処分したいときは、余裕を持って早めに予約した方が良いです。そうすれば、早めに家具を処分できるので、引越しまでに処分が間に合わないなんてことも防げるはずです。

 

もし粗大ゴミ回収が間に合わなかったらどうする?

粗大ゴミ回収が引越しまでに間に合わなかったら、そのときはどうすれば良いのでしょうか。

その場合は、不用品回収の専門業者に依頼する方法があります。回収業者であれば比較的対応が早いため、急いで処分したいときでも間に合うと思います。

ただし、処分費用はやや高めになります。ですから、回収業者を使うのは、どうしても処分が間に合わないときにしましょう。

あるいは、引越し業者に依頼する手もあります。

引越しをするわけですから、その際に引越し業者を利用すると思います。実は、引越し業者にも「不用品の引き取りサービス」があります。ですから、引越しと不用品回収をまとめてお願いするのが最も効率的です。

それに、引越し業者にお願いすれば、家具の回収を引越しのタイミングで行ってくれます。つまり、処分したい家具を引越しのギリギリまで使えるということです。

これは非常に助かります。

ただし、引越し業者によって家具を引き取ってくれるところと、そうでないところがあるようです。ですから、引越し業者を選ぶときは、サービスの有無を基準に決めるのも良いかもしれません。

さらに、どの引越し業者を使うかによって、料金も大きく違うようです。場合によっては、同じ条件でも料金に数万円の差が出ることがあるようです。

つまり、選ぶ引越し業者によって、損をすることもあれば、得することもあるのです。

ですから、費用や不用品処分のことを考えると、引越し業者の選び方は、相当重要なポイントになりそうです。

引越し業者を選ぶときは、料金やサービス内容はもちろんのこと、さまざまなポイントを比べると良いです。さらに、見積もりの方法や当日の注意点などもあるようです。

そのあたりの詳しいことは専門外なのですが、「得する!単身引越しの極意」というサイトにかなり詳しく解説が載っています。

単身者専用のサイトのようですが、引越しにかかる費用が安いなるポイントについての詳細がわかりやすく載っていました。

引越しの準備を進めようとしている人は、一度参考にしみると良いと思います。

 

まとめ

引越しの際、大型家具を処分する方法はいくつかあります。

  • 回収業者
  • 引越し業者
  • 粗大ゴミ収集
  • リサイクルショップ

回収業者は便利ですが、費用が高いのがデメリットです。ですから、このなかで一番確実なのは、粗大ゴミ回収で処分する方法です。なぜなら、費用が一番安いからです。

ただし、「早めの予約」と「回収場所までの運搬」が肝心です。その点をクリアできれば、ベストな処分方法でしょう。

あるいは、リサイクルショップに売るという手もあります。

しかしながら、家具の状態が良くなければ、買い取ってもらうのは難しいでしょう。ましてや捨てたいほどの家具ですから、反対に処分費用を請求される可能性もあります。

そのとこを踏まえると、やはり自治体の粗大ゴミ回収が無難です。

そのときは、上の説明を参考に、早めから準備を進めましょう。あとは、運搬するための助っ人をお願いしておくのも忘れないようにしてくださいね。

ニトリで家具を買い替える際に不用品を一緒に処分してもらう方法

(出典:https://www.nitori.co.jp/

ニトリといえば、「お値段以上、ニトリっ!」という宣伝文句が有名です。確かに価格帯は良心的なものが多く、そのわりにしっかりしたものが揃っています。

そのため、引越しや生活環境の変化にともない、ニトリの商品が活躍することも多いことでしょう。とにくニトリで家具を買い替えるという人もいるはずです。

その際、新しく買う家具は届けれもらえますが、古くなったものは引き取ってもらえるのでしょうか。

今回は、ニトリで家具を買い替える際の処分方法を紹介したいと思います。

 

ニトリは中古家具の引き取りは可能?

できれば新しく買った家具を持ってきてもらうついでに、今まで使っていたものを引き取ってもらえればベストです。そのようなことはニトリでは可能でしょうか。

ニトリのホームページを見ると、ニトリで商品を購入の際、家具を引き取るサービスはあるそうです。購入した商品を同じ種類で、同じ容量であれば、不要になった家具を1品につき3,000円で引き取ってくれます

少し高く感じるかもしれませんが、回収業者に依頼するとしてもそれくらいか、もしくはそれ以上の金額はかかりますし、新しい家具と交換する感じで引き取ってもらえるのでスムーズです。

ただし、大前提として、ニトリで新しく家具を買うことが条件になります。

 

ニトリの家具は買取してもらえるの?

なかには、家具を売ってしまおうと考えている人もいるかもしれません。

確かに、状態が良ければ、家具は処分せずに売ることも可能です。

しかしながら、業者によってはニトリの商品は買取対象外となっているところもあります。なぜなら、ニトリの商品は安価なものが多く、それが中古ともなると、ほとんど価値がないものもあるからです。

さらに、ニトリは全国に店舗があるので、ニトリの家具はどこでも買えるというのも理由です。そのため、中古であるニトリの家具を引き取っても、正直、あまり利益が見込めないということでしょう。

このような理由から、ニトリの家具は買い取ってもらえない場合もあります。

 

ニトリの家具を処分する方法

それでは、ほかにはどのような処分方法があるのでしょうか。

ニトリの家具をヤフオクに出品する

たとえば、ヤフオクなどのネットオークションに出品する方法があります。

正直、ネットであれば何でも売れてしまうというメリットがあります。ですから、ある程度使えそうな状態の家具であれば、ヤフオクなどに出品するのも手です。

とくにニトリの家具は組み立て式のものが多いため、キレイにバラしてから発送すればコンパクトになり、送料の負担を減らすことも可能です。

ですから、1円でもお金に変えたいという人は、チャレンジして見るのも良いと思います。

ただし、ネットオークションに出品するのは少々手間がかかります。写真を撮って説明を書き、梱包して発送するという作業です。そのため、慣れていない人からすると、少し面倒に感じると思います。

とはいえ、思わぬ値段で売れる可能性もあるので、リサイクルショップなどで買い取ってもらえなかった場合は、出品してみるのもありです。

不用品回収業者に引き取ってもらう

また、ネットで調べれば、地域の不用品回収業者が検索でヒットするはずです。もちろん有料にはなりますが、家具だけでなく、大抵のものは引き取ってもらえます。

また、回収業者の場合は、引き取りを依頼してからの対応が比較的早いです。なので、引越しのタイミングなどで急いで処分したいときなどは便利です。

注意しておきたいのは、回収業者の選び方です。

実は、無料回収などをうたっている業者のなかには、収集を無許可で行なっているところもあります。最悪の場合、不法投棄などに加担している可能性もなくはないので、必ず許可業者に依頼するようにしてください。

調べる方法としては、業者のホームページなどをチェックすると良いです。サイト上に認可を受けていることが書かれてあれば、問題ありません。

あるいは、自治体に回収業者を紹介してもらうのもアリです。そうすれば、すぐに許可業者が見つかるはずです。

 

まとめ

ニトリの家具は安くて比較的質がいいため、選んで購入する人も多いです。その証拠に、ニトリの店舗は全国に拡大しています。

ただ、ニトリの中古家具を売ることを考えると、やや不利な傾向があります。ニトリの家具はもともと安価ですし、市場にもたくさん出回っているからです。

そのため、売ったとしてもほとんど値段がつかないか、反対に処分費用を請求される可能性があります。

無難なのは、ニトリで家具を買い替える際に、古い家具をいっしょに引き取ってもらう方法です。1品につき3,000円程度の費用はかかりますが、一番スムーズな方法だと思います。

あるいは、回収業者にお願いしたり、ヤフオクなどのネットオークションで売ることも可能です。回収業者の場合は、すばやく引き取ってもらえる場合が多いので、急ぎのときは便利です。ヤフオクでも手間はかかりますが、意外といい値段で売れるかもしれません。

このように、ニトリの家具を処分する方法はいくつかあります。ただ、それなりに手間や費用はかかります。

そのとこを踏まえ、あなたにとってできるだけベストな方法を選んでみてください。