もう乗らなくなった自転車を処分する方法

長年乗った自転車。ザドルがハゲたり、錆びついたり、見た目からもボロボロなのがわかる状態になってくると、そのまま乗り続けるのもちょっと恥ずかしいですよね。

そんなときは、思い切って自転車を買い替えましょう。最近の自転車は結構安い商品も多いです。

ただ、そこで困るのが自転車の処分です。そうそうある経験ではないので、どう処分すればいいのかわからない人もいると思います。

もちろん、自転車を適当なところに放置すると、法律違反になり、罰則が課せられます。ですから、きちんと自転車の処分方法を理解しておきましょう。

今回は、自転車の処分方法について紹介します。

 

粗大ゴミとして自転車を捨てる

自転車は、自治体で粗大ゴミとして処分できます。その場合、予約したり処理券を購入したりする必要はありますが、きちんと手順を踏めば簡単です。

具体的な方法はこちら→参考記事

処分費用は自治体によって異なりますが、1,000円程度で済むと思います。

 

自転車を友人、知人に譲る

最も効率的な方法は、知り合いに譲ることです。あなたは無料で自転車を処分できますし、相手はほしかった自転車が無料で手に入るのですから、どちらにとっても好都合です。

ただし、自転車を知り合いに譲るときは、防犯登録を一度抹消登録して、さらに登録し直す必要があります。これをしないと、知り合いの人が自転車を盗難したことになってしまいます。

手続きのときには防犯登録カードがいるので、忘れずに自転車と一緒に渡しましょう。

 

サイクルショップに引き取ってもらう

自転車を買い替える場合は、購入するお店でそのまま古い自転車を引き取ってもらうこともできます。スムーズに乗り換えできるので、この方法が一番効率がいいと思います。

お店によっては無料で回収してくれるところもあるので、そのようなサイクルショップで自転車を買えば、無料で処分できます。

また、有料の場合でも500~1,000円程度で引き取ってもらえるはずなので、そこまで負担にはならないと思います。

 

自転車をゴミ処理場に自分で持ち込む

また、管轄のゴミ処理場に自分で持っていく方法もあります。自治体に問い合わせるかネットで調べれば、場所はわかります。

この場合は、とくに予約は必要ありません。

処分費用は重さによって決められるため、軽い自転車であれば費用がかからないこともあります。かかったとしても数百円程度なので、この方法が最も安く済みます。

また、引越しや大掃除などで、ほかの粗大ゴミもいっしょにまとめて処分したい場合は、トラックなどを借りて持っていく方法もありです。

そうすれば、処分費用の支払いなど、手間を大幅に省けます。

ただし、自治体によって予約制になっているところもあるので、まずはホームページなどを確認してみてくださいね。

 

リサイクルショップ、自転車屋に売る

もし状態のいい自転車であれば、そのまま売ることも可能です。たとえば、リサイクルショップなどです。また、自転車屋でも中古品を買い取っているところもあります。

そのようなところに持っていけば、処分費用を負担せずに、少しでもお金に換えることができます。

リサイクルショッップは再販が目的です。ですから、ある程度キレイな自転車でなければ買い取ってもらうのは難しいと思います。

自転車屋は再販するケースもありますが、おもに部品として再利用するケースが多いです。ですから、とくに高価なロードバイクなどは処分せずに、まずは売ることを考えた方が良いです。

 

回収業者に引き取ってもらう

不用品の回収を専門で行なっている業者もあります。ネットで探せば、地域の業者がいつくか見つかるはずです。

回収業者は対応が早く、直接引き取りに来てくれるので楽です。

ただし、引き取り費用は若干高くなると思います。およそ1,000~3,000円程度です。

なお、回収業者のなかには、「一般廃棄物収集運搬許可」をもっていないのに回収を行なっている業者もあります。これは違法業者になるので、間違って依頼しなように注意が必要です。

業者のホームページを見ると、会社概要のところにそのような内容が書かれていると思います。ホームページのない業者は、直接問い合わせて聞いてみましょう。

または、許可業者を自治体から紹介してもらうことも可能です。そうすれば、許可を得ていることは確実なので、安心して依頼できると思います。

 

まとめ

自転車の処分方法は次のとおりです。

  1. 粗大ゴミとして自転車を捨てる
  2. 自転車を友人、知人に譲る
  3. サイクルショップに引き取って
  4. 自転車をゴミ処理場に自分で持ち込む
  5. リサイクルショップ、自転車屋に売る
  6. 回収業者に引き取ってもらう

不用品とはいえ、まだ使えるものはまず売ることを考えましょう。売れればラッキーです。

ただ、古いものは買い取ってもらえない場合が多いので、そのときは仕方なくので処分します。

なお、自転車を買い替えるときは、そのお店に引き取ってもらうのが一番手っ取り早いです。買い替えないときでも、近所の自転車屋さんに持っていけば、有料で引き取ってくれるはずです。

また、知り合いに欲しい人がいないか聞くのもいいでしょう。もし欲しい人が見つかれば、あなたにとっても相手にとってもメリットがあります。

あるいは、粗大ゴミとして処分することもできます。予約などの段取りは必要ですが、そこまで面倒はかかりません。

このなかから、あなたにとって都合のいい方法で自転車を処分しましょう。

不要になった衣装ケースの処分方法

衣装ケースは服や小物などをしまっておくには非常に便利です。衣装ケース同士を重ねることもできるので、クローゼットの空間を有効活用できます。

ただ、ずっと使っているとボロボロになったり、新しく衣装ケースを買って古いものがいらないくなる場合もあります。

そんなとき、衣装ケースはどうやって処分すればいいのでしょうか。

今回は、衣装ケースの処分方法をいくつか紹介していきます。

 

衣装ケースを廃棄処分する

一般ゴミでは、燃えるゴミ、不燃ゴミ、プラなど、いろいろ分類がありますが、衣装ケースはどう分類するのでしょうか。

衣装ケースはサイズが大きいたいめ、一般ゴミとして捨てることはできません。その場合、自治体が有料回収を行います。

衣装ケースは粗大ゴミになります。

では、衣装ケースを粗大ゴミとして処分する場合は、費用はいくらかかるのでしょうか。

一般的には、300~500円程度かかります。自治体によって金額は異なるので、回収の予約する際に確認しましょう。

 

衣装ケースを粗大ゴミとして回収してもらう流れ

粗大ゴミ回収は予約が必要になります。パッと捨てて持って行ってもらえるものではないので注意しましょう。

1,予約

まずは、住んでいる自治体のホームページ、または電話から予約します。ネットであれば24時間受け付けているので、いつでも申し込めます。

2,粗大ゴミ処理券を買う

次に、粗大ゴミに貼る処理券(シール)を購入します。市区町村役所やコンビニ、スーパーなどで買うことができます。

ただし、販売しているところは自治体によって異なるので、ホームページもしくは電話で聞いておきましょう。

3,収集日当日の朝に衣装ケースを出す

収集日は自治体のほうから指定されます。その日の朝に、衣装ケースを指定場所まで持っていきます。

指定場所は、建物(家、アパート、マンションなど)の敷地内で、道路に面した場所です。つまり、回収トラックが来て、パッと持っていける場所のことです。

もし建物の前まで車が入れない場合は、トラックが通れる道まで粗大ゴミを持っていかなくてはいけません。

賃貸住宅の場合、粗大ゴミ置き場があるときもありますが、ない場合は敷地内の一角を借りることになります。事前に、粗大ゴミを置かせてもらうことを管理人に断っておきましょう。

なお、衣装ケースに「粗大ゴミ処理券」を貼るのを忘れないように気をつけてください。忘れてしまうと、回収してもらえません。

 

衣装ケースを一般ゴミとして処分することは可能?

衣装ケースは粗大ゴミとして処分すれば問題ないです。しかし、数百円とはいえ、処分費用がかかるのは残念です。

そこで、お金をかけずに衣装ケースを処分する方法はないのでしょうか。

自治体によって対応は異なりますが、ゴミ袋に入るプラスチックは一般ゴミとして捨てることができる場合もあります。その場合、可燃ゴミまたは不燃ゴミに衣装ケースは分類されます。

しかし、大きな衣装ケースをゴミ袋に入れるのは至難の技。

ですから、衣装ケースを解体してしまうのです。ちょっと強引な方法ではありますが、ゴミ袋に入りさえすれば問題ありません。

その際、衣装ケースをバラバラにするのにノコギリが必要です。普通のハサミでは固くて切れないと思います。

ただし、ノコギリがない場合は買うことになります。安くても1,000円程度はするので、反対に高くなってしまう可能性もあります。

ですから、ノコギリをすでに持っている、もしくは今後も使うという場合は、分解して一般ゴミとして衣装ケースを捨てるのも良いと思います。

しかし、そのためだけにノコギリを買うのはナンセンスです。その場合は、費用を負担して粗大ゴミとして回収してもらいましょう。

 

車があれば衣装ケースを処分場に持ち込める

また、処分場に自分で持ち込むという方法もあります。衣装ケースはサイズが大きいため、車が必要になりますが、その条件をクリアできれば可能です。

衣装ケースも大きさや数にもうよりますが、自分で持ち込めば、処分費用がかからないケースもあります。自治体などに問い合わせれば、処分場の場所や費用について教えてくれるはずですから、一度確認してみると良いです。

この方法であれば一番手っ取り早いですし、費用もかからないのでいいと思います。

 

衣装ケースを売ることは可能?

お得な方法として、リサイクルショップなどに売ろうと考えている人もいるかもしれません。

しかし、衣装ケースというのは、そもそも新品で買ってもそう高くはありません。それをわざわざ古いものを中古品として買う人も少ないです。

キレイな状態の衣装ケースなら数十円の買値がつくかもしれませんが、リサイクルショップに売ってもほとんど値がつかないか、引き取りに費用がかかってしまうと思います。

また、ヤフオクメルカリなどで売る方法もありますが、これもオススメできません。なぜなら、商品を送るのに送料がかかるからです。

中古の衣装ケースはそもそも高く売れないため、かえって送料の方が高くなってしまう恐れがあります。その場合、手間をかけて出品しても、結果、損をしてしまうことになります。

 

まとめ

衣装ケースは非常に便利なグッズですが、捨てるときは意外と手間がかかってしまいます。

方法としては、粗大ゴミ回収に出すのが一番無難です。多少費用はかかりますが数百円なので、安いものです。また、衣装ケースは軽いので、持ち運びも問題ないかと思います。

場合によっては、ノコギリで切って一般ゴミで出すことも可能です。ただ、結構面倒ですし、ノコギリを買う必要も出てきます。費用はかかりませんが、あまりオススメできる方法ではありません。

リサイクルショップ、ネットオークション、フリマアプリなどで売ることも可能ではあります。

しかし、ほとんど値がつかなかったり、送料などが高くついて、反対に損してしまったりする可能性もあります。

ですから、かなりキレイな状態で、それなりにいい値段で売れない限りは、売ることはオススメできません。

家具などの粗大ゴミを自治体で処分するときの手順

一般ゴミとは違い、大きな家具ともなると、そのまま捨てるわけにはいきません。

では、家具を処分するにはどのような方法があるのでしょうか。

一番確実なのは、自治体の粗大ゴミ回収に出すことです。収集を依頼するのに多少の費用はかかりますが、業者を使うよりはかなり安いと思います。

今回は、自治体での粗大ゴミ収集の手順を紹介します。

 

自治体での粗大ゴミ回収は費用が安い

大きな家具を処分するには、回収業者に頼む方法もあります。しかし、その場合は手数料が上乗せされるので、費用が高くなりやすいです。

たとえば、ベッドを処分するとなると、3,000~10,000円程度かかると思います。

一方、自治体の粗大ゴミに出せば、費用は500~2,000円程度で済むはずです。自治体によって金額は違いますが、とにかく安上がりです。

私も家具を粗大ゴミとして処分したことがありますが、そのとき

  • テーブル500円
  • ベッド800円
  • ソファ2,000円

程度の金額で処分できました。業者に数万円払うのと比べれば、かなり安いのが理解できると思います。

ですから、費用のことを思えば、自治体で粗大ゴミとして家具を捨てるのが良いです。

 

粗大ゴミを出したいときの手順

それでは、具体的にどうすれば家具を粗大ゴミとして捨てられるのでしょうか。

粗大ゴミ収集の特徴は、予約が必要だということです。一般ゴミのように勝手に出して、勝手に収集してくれるわけではありません。

まずは自治体に問い合わせて、直近の収集日がいつか聞きましょう。

さらに、その日までに粗大ゴミシールを購入します。家具1品につき、いくら分のシールを買えばいいのか教えてくれるはずです。

なお、粗大ゴミシールは市区町村役所やコンビニなどでも買える自治体もあります。

粗大ゴミシールに受付の時に指示された処理番号などを記入します。

粗大ゴミを出せるのは「回収日当日の朝」です。事前に出すことはできないので注意しましょう。

当日の朝、指定場所にシールを貼った家具を持っていけば、その日に回収してもらえます。

以上が、粗大ゴミを処分する流れです。

まとめると、

  1. 予約をする
  2. シールを購入する
  3. シールに必要事項を記入する
  4. 当日、指定場所に粗大ゴミを出す

といった流れになります。

 

粗大ゴミを捨ているときは指定場所まで自分で運ぶ必要がある

家具を粗大ゴミとして捨てるとき、一番問題なのが家具を運ぶことです。戸建て住宅であれば、粗大ゴミを玄関先、あるいは道沿いの入り口前まで運ぶことになります。

アパートやマンションの場合でも、玄関先まで取りに来てくれるわけではありません。車が通れる道に面した場所までは、自分で家具を運ばなければなりません。

これが一番厄介なところです。

たとえば、イスや小さめのテーブルなどなら、なんとか一人で運べるかもしれません。しかし、大型のベッドやソファ、テーブルともなると、なかなか一人で運ぶのは難しいです。

したがって、一人で家具を運べない場合は、誰か助っ人が必要です。とくに回収日時を指定されるので、助っ人が必要なときは前もってお願いしておくことが大切です。

当日になって家具が運べないなんてことになれば、処分が間に合わないこともあります。

 

粗大ゴミ収集の予約時期に要注意

粗大ゴミ収集をいつ予約するかも注意しておきましょう。

たとえば、引越しの時期が絡んでいるときは、一番注意が必要です。なぜなら、粗大ゴミ収集は予約してから2週間程度かかるケースもあるからです。

収集日は自治体から指定されます。自治体にもよりますが、おおよそ1ヶ月に1~2回程度です。したがって、予約のタイミングによっては、収集までに2週間以上かかってしまう場合もあるのです。

そこで注意したいのが、引越しのタイミング。

たとえば、来週引っ越す予定なのに、粗大ゴミ回収が2週間後ともなれば、処分が引越しまでに間に合わないことになります。

粗大ゴミは事前に出すことができないので、その場合は、自治体の粗大ゴミ回収はあきらめなければいけません。

ですから、引越しにともなって粗大ゴミを処分したいときは、余裕を持って早めに予約した方が良いです。そうすれば、早めに家具を処分できるので、引越しまでに処分が間に合わないなんてことも防げるはずです。

 

もし粗大ゴミ回収が間に合わなかったらどうする?

粗大ゴミ回収が引越しまでに間に合わなかったら、そのときはどうすれば良いのでしょうか。

その場合は、不用品回収の専門業者に依頼する方法があります。回収業者であれば比較的対応が早いため、急いで処分したいときでも間に合うと思います。

ただし、処分費用はやや高めになります。ですから、回収業者を使うのは、どうしても処分が間に合わないときにしましょう。

あるいは、引越し業者に依頼する手もあります。

引越しをするわけですから、その際に引越し業者を利用すると思います。実は、引越し業者にも「不用品の引き取りサービス」があります。ですから、引越しと不用品回収をまとめてお願いするのが最も効率的です。

それに、引越し業者にお願いすれば、家具の回収を引越しのタイミングで行ってくれます。つまり、処分したい家具を引越しのギリギリまで使えるということです。

これは非常に助かります。

ただし、引越し業者によって家具を引き取ってくれるところと、そうでないところがあるようです。ですから、引越し業者を選ぶときは、サービスの有無を基準に決めるのも良いかもしれません。

さらに、どの引越し業者を使うかによって、料金も大きく違うようです。場合によっては、同じ条件でも料金に数万円の差が出ることがあるようです。

つまり、選ぶ引越し業者によって、損をすることもあれば、得することもあるのです。

ですから、費用や不用品処分のことを考えると、引越し業者の選び方は、相当重要なポイントになりそうです。

引越し業者を選ぶときは、料金やサービス内容はもちろんのこと、さまざまなポイントを比べると良いです。さらに、見積もりの方法や当日の注意点などもあるようです。

そのあたりの詳しいことは専門外なのですが、「得する!単身引越しの極意」というサイトにかなり詳しく解説が載っています。

単身者専用のサイトのようですが、引越しにかかる費用が安いなるポイントについての詳細がわかりやすく載っていました。

引越しの準備を進めようとしている人は、一度参考にしみると良いと思います。

 

まとめ

引越しの際、大型家具を処分する方法はいくつかあります。

  • 回収業者
  • 引越し業者
  • 粗大ゴミ収集
  • リサイクルショップ

回収業者は便利ですが、費用が高いのがデメリットです。ですから、このなかで一番確実なのは、粗大ゴミ回収で処分する方法です。なぜなら、費用が一番安いからです。

ただし、「早めの予約」と「回収場所までの運搬」が肝心です。その点をクリアできれば、ベストな処分方法でしょう。

あるいは、リサイクルショップに売るという手もあります。

しかしながら、家具の状態が良くなければ、買い取ってもらうのは難しいでしょう。ましてや捨てたいほどの家具ですから、反対に処分費用を請求される可能性もあります。

そのとこを踏まえると、やはり自治体の粗大ゴミ回収が無難です。

そのときは、上の説明を参考に、早めから準備を進めましょう。あとは、運搬するための助っ人をお願いしておくのも忘れないようにしてくださいね。

白物家電を買い替えるときに不用な家電はどう処分するのがベスト?

日常生活において、家電を使う頻度はかなり高いと思います。ですから、どれだけ大切に使っていても、いずれ寿命がきます。あるいは、引越しや結婚、住み替えなどのタイミングで、家電を新しいものに買い替える人もいると思います。

その際、古くなった家電はどう処分するのが良いでしょうか。

方法としては、

  • 家電量販店に引き取ってもらう
  • 指定引取場所に自分で持ち込む
  • 回収業者に引き取ってもらう
  • リサイクルショップで売る

などの方法があります。

どの方法も難しくないので、都合のよい方法を選べば良いです。

ただし、処分費用は大きく異なります。ですから、その点を基準に処分方法を考えてみることをオススメします。

今回は、いらなくなった白物家電の処分方法を紹介します。

 

家電量販店に家電を引き取ってもらう

家電を買い替える場合、お店の配達係が自宅にきて新しく買った商品を設置してくれます。その際、お願いをしておけば、今まで使っていた家電を同時に引き取ってもらうことも可能です。ちょうど、新しいものと古いものを入れ替えるようなイメージです。

実際、この方法が一番効率的ですし、手間もかかりません。

新しい家電の設置費用は無料になっている場合が多いですが、引き取りには別途費用がかかります。

とくに、エアコン、テレビ、洗濯機、冷蔵庫はリサイクル家電になるため、運搬料金に加え、リサイクル料金もあなたが負担することになっています。

品目やサイズにもよりますが、引き取りにかかる費用は2,000~6,000円程度が相場です。ちなみに、リサイクル料金は品目ごとに決まっており、お店によって変わることはありません。

 

指定引取場所に自分で家電を持ち込む

ただ、不用になるといっても、必ずしも買い替える場合とは限りません。単純に捨てたいだけのときもあるはずです。

もし家電を運搬できる車があれば、指定引取場所に自分で持ち込むこともできます

ただし、この場合、最もやっかいなのは、自分で家電を運ぶ必要があるということです。運べる車があっても、自力でそこまで持っていくのは結構大変だと思います。

また、リサイクル券ををあらかじめ購入する必要もあります。その条件をクリアできるのであれば、業者に頼まなくても、自力で処分できます。

この際、運搬料金がかからないため、家電量販店や回収業者に依頼するよりは費用を抑えられます。

 

回収業者に家電を引き取ってもらう

また、不用品を専門で扱っている回収業者もあります。

回収業者のメリットは、依頼してから引き取りまでの対応が早いことです。場合によっては、即日に回収してもらえることもあります。ですから、急ぎの場合は、回収業者を検討することをオススメします

しかし、リサイクル料金に加え、業者の手数料が比較的高くなりやすいのがデメリットです。そのため、家電量販店に引き取ってもらうより負担額が増えると思います。

また、回収業者のなかには認可を受けていないところもあるのが実情です。最悪の場合、その業者が不法投棄に加担している可能性もあります。間違っても、そのような業者は利用しないでください。

無難なのは、自治体から許可業者を紹介してもらうことです。地域の回収業者であれば手数料もそこまで高くないですし、安心して依頼できます。

 

リサイクルショップに家電を売る

ここまでは処分することを前提に解説してきました。

ただ、なかには、いらいないものでもまだ使える家電もあるはずです。たとえば、「サイズが小さいから買い替えたい」というときは、まだ使えても不用になるケースがあります。

そのような場合は、真っ先に処分するのではなく、まずは売ることを検討しましょう。まだ使えるのですから、中古品として買い取ってもらえる可能性があります。

リサイクルショップはネットで探すのがオススメです。地名を含めて検索すれば、近所のリサイクルショップがピックアップされるはずです。

そのなかから、無料で出張査定してくれるお店を探しましょう。大抵のお店は出張査定に対応してくれるはずです。ポイントは「無料で」行ってくれるところです。

リサイクルショップを何店舗か候補をあげたら、つぎにそれぞれのお店に電話しましょう。その際に、家電の種類や年式などを伝え、いくらで買取できそうか概算でも良いので見積もりを取りましょう。

そのうえで、買い取ってもらえそうなリサイクルショップに出張査定を依頼します。

あとは、自宅を訪問したスタッフに査定しもらい、買値に納得できればそのまま引き取ってもらえば大丈夫です。もちろん、自力で運ぶ必要もありません。

この場合、処分費用を負担するどころ、いらなくなった家電をお金にかえることができます。この方法が一番お得な方法であるのは間違いありません。

ただし、リサイクルショップも中古品として再販するのが目的ですから、あまりにも古いものや状態の悪いものは買い取ってもらえないことが多いです。お店にもよりますが、年式が5~7年を超えてしまうと、一般的には買い取ってもらえないケースが多いです。

ただ、あくまでも状態によるので、比較的キレイなものであれば買値がつくかもしれません。場合によっては無料で引き取ってくれることもあるので、処分費用を負担せずに済みます。

 

まとめ

今回は、家電の処分方法についての解説でした。

一番現実的なのは、家電量販店に引き取ってもらうことです。買い替える場合は、購入店に引き取りをお願いしましょう。

また、家電を買い替えなくても、近所の家電量販店にお願いすれば、有料で回収してくれます。

あるいは、自治体に回収業者を紹介してもらうのも方法の一つです。回収業者は比較的に対応が早いので、急ぎのときは便利です。

ただ、大前提は、まず売ることを考えて欲しいです。もし買い取ってもらうことができれば、処分費用を負担するどころか、不用品をお金に変えることができます。

リサイクルショップによって条件は異なるので、事前に電話でリサーチして、買い取ってもらえそうなお店に出張査定を依頼するのがベストです。

白物家電はサイズが大きいので、処分するのにも費用がかかります。とくにリサイクル対象品は負担額も増えます。

しかし、もしその家電が売れれば、それに越したことはありません。上記の方法を検討し、あなたにとってベストは処分方法を考えてみてください。

古くなった車のタイヤを不用品として処分する方法3選

車のタイヤというのはゴムなので、どうしても時間が経つと劣化します。そんなタイヤが自宅の物置に眠ったままになっていないでしょうか。

今回は、タイヤの処分方法についての解説です。

 

カー用品店に持ち込むのが一番確実

不用なタイヤは、カー用品店に持ち込めば引き取ってもらえます。車にタイヤを積む手間はかかりますが、この方法が一番確実です。

そもそも、カー用品店でタイヤ交換をする際は、古いタイヤをそのまま引き取ってもらえます。ですから、カー用品店にとってタイヤを引き取ることは、日常的にある業務と言えます。

もちろん、タイヤを専門で販売しているお店でもオッケーです。最寄りのお店に問い合わせて、引き取りが可能か聞いてみましょう。

ただし、ただで引き取ってもらえるわけではなく、処分を依頼するのにも費用がかかります。お店によっても異なりますが、タイヤの処分費用は1本につき500円程度が相場です。

イエローハットなどの安いところでは、4本で1,000円で引き取ってくれます。

 

タイヤを廃品回収や粗大ゴミで捨てることはできない

自治体で粗大ゴミ回収を行っていますが、残念ながら、タイヤは同じように捨てることはできません。

たまに、タイヤがゴミ捨て場に放置さているのを見かけることがありますが、あれはまぎれもなく「不法投棄」です。

タイヤは意外と複雑な構造になっており、ゴムの中にはワイヤーが仕込まれています。そのため、一般ゴミのように無料で回収してもらうのは難しいのです。

 

タイヤを無料で処分する方法

一見、タイヤは資源になりそうなので、無料で引き取ってくれそうですが、実際はそう簡単ではありません。なぜなら、タイヤの処分は費用を負担して専門業者に依頼する決まりになっているからです。

したがって、タイヤをカー用品店やタイヤ量販店に引き取ってもらう場合は、必ず費用がかかると考えておきましょう。

ただし、タイヤを無料で処分する方法がないわけではありません。

たとえば、車を売る際にタイヤも一緒に引き取ってもらえば、実質無料で処分できます。

たとえば、ディーラーで下取りする場合、タイヤの引き取り費用を請求されたら、そんなケチくさい商売はありません。費用といっても1,000円程度の話ですから、無料で引き取ってくれるはずです。

買取店で車を売る場合でも、数十万円の商品を売るわけですから、1,000円程度の費用でどうこうするとは考えにくいです。もし請求された場合は、「他社で売る」という姿勢で交渉するのも有効です。

 

メルカリやヤフオクでタイヤが売れる?

ここまでは、タイヤを処分することに重点を置いてきましたが、視点を変え、売ることを考えてみるのも賢いと思います。

たとえば、メルカリやヤフオクなどに出品すれば、たとえ古いタイヤでも買い手がつく可能性があります。

以前、テレビでやっていたのですが、「拾ってきた石」「お菓子の袋」など、普通に考えたら売れなそうなものでも、フリマアプリでは買い手がつくそうです。捨てる人いれば、拾う人あり。といった感じです。

ですから、タイヤも思わぬ値段で売れるかもしれません。

また、ジモティーなどのサービスも同様に使えると思います。

 

タイヤがDIYで復活

なぜ、使えないタイヤが売れるのでしょうか。

ひび割れたタイヤや磨り減ったタイヤは安全性が疑われるため、もちろんタイヤとしては使えません。

しかし、さまざまなものをDIYするときの材料として考えれば、古くなったタイヤにも利用価値があります。

たとえば、椅子や子供用のシーソー、テーブルなどにリメイクする人もいます。想像力を働かせれば、廃品でも立派な材料になるのです。

しかし、自分ではなかなかそういったことは難しいのが現状です。だからこそ、ネットオークションやフリマアプリなどで需要のある方へ売ってしまうのです。

 

まだ使えるタイヤは売れる可能性がある

いらないタイヤとはいえ、まだまだ使えそうなタイヤもあるかと思います。その場合は、やはり売ることを考えるのが賢明です。

もちろん、費用を負担して引き取ってもらうこともできますが、売れるのであれば、そのほうが確実にお得です。

たとえば、アルミホイール付きのタイヤやスタッドレスタイヤなどであれば、売れる可能性が高いです。

ただし、以下のようなタイヤは、やはり売るのは難しいと思います。

  • 溝が磨り減ったタイヤ
  • 大きくひび割れたタイヤ
  • 買ってからかなり年数の経っているタイヤ

このような状態のタイヤは再利用ができないため、売るのも難しくなります。

ただ、アルミホイールがついているタイヤは、まだ使い道があるので売れると思います。みなみに、鉄製のホイールの場合は売れません。

いずれにしても、まだ処分するにはもったいないと思えるようなタイヤであれば、一度査定してもらうことをオススメします。それで買値がつけばラッキーです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

タイヤはあると邪魔ですが、処分自体はそこまで手間はかかりません。引き取ってもらう場合でも、1,000~2,000円程度で処分できます。

ただ、タイヤの状態によっては売れるものもあります。その場合は、真っ先に処分するのではなく、売ることを一度検討してほしいと思います。

査定してもらい、値段がつけばラッキーです。値段がつかなくても、近くのカーショップやタイヤ量販店、ガソリンスタンドなどにお願いすれば有料で引き取ってもらうことができます。

置いておくだけでも結構な場所を取りますから、使わないものはパパッと処分していきましょう。

不用品の処分費用の相場を品目ごとに紹介

不用品を処分するにしても、その方法はさまざまあります。業者も違えば、サービスも変わります。

たとえば、以下の方法があります。

  • 粗大ゴミとして捨てる
  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップで売る
  • ヤクオク、フリマアプリで売る
  • 家電量販店に引き取ってもらう
  • 引越し業者のサービスを利用する

このように、不用品を処分する方法がいくつかあります。

また、不用品の大きさや種類、数などによっても適している方法や費用は異なります。

特に気になるのが処分費用ではないでしょうか。

そこで、不用品の処分費用について、さまざまな業者や料金表を参考にしながら紹介したいと思います。

 

品目別 不用品の処分費用の相場

ここでは、品目ごとに処分費用の相場を紹介します。まずは相場をチェックして、実際に処分することになったらいくらかかるのかイメージしてみてください。

リサイクル家電

不用品の処分で困るものの代表格といえば、リサイクル家電です。具体的には、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機です。これらの家電は、とくに引越しの際などに処分するケースが多いです。

リサイクル家電を処分する場合、おもに「収集運搬料金」と「リサイクル料金」がかかります。運搬料金とは業者の手数料のようなもので、リサイクル料金は処分を依頼する人がリサイクルにかかる費用の一部を負担するものです。

リサイクル家電はサイズが大きいですし、リサイクル料金がかかります。そのため、処分するには3,000~10,000円程度かかると考えておきましょう。

回収を依頼するところは家電量販店が無難です。不用品回収業者の場合、対応が早いというメリットはありますが、処分費用は比較的高くなります。

ですから、費用をできるだけ節約しようと思ったら、家電量販店が最も良心的な相場なので安心です。

生活家電

一方、炊飯器や電子レンジなど、家電リサイクル法の対象外となるもの、いわゆる生活家電の処分料金はいくらかかるでしょうか。

生活家電の場合、サイズも小さく、リサイクル料金もかかりません。そのため、小型家電であれば、処分費用は1台につき500~1,000円程度になります。

もう少しサイズの大きなホットカーペットなどは、1,000~3,500円程度の処分費用になると思います。

家具

家にあるものの中で最もサイズが大きくなるのが家具です。そのため、不用品回収料金も必然的に高くなる傾向があります。

たとえば、ソファやベッドなどの大型家具になると、処分するのに3,000~10,000円程度になります。また、本棚やテーブルなどになると、2,000~5,000円程度の処分費用が相場になります。

ただし、この金額は回収業者に依頼した場合の料金です。

大型家具を処分するのにオススメの方法は、自治体で粗大ゴミとして捨てることです。引き取ってもらえる場所まで自分で運ぶという手間はかかりますが、料金は500~1,800円程度と格安です。

なお、自治体に回収してもらいたい場合は、事前の申し込みが必要です。また、回収日も自治体のほうから指定されるため、場合によっては予約から回収までに2週間程度かかるケースもあります。

引越しなどでいつまでに処分したいという時期が決まっている場合は、処分が間に合わなくならないよう、早めに準備することが大切です。

パソコンの本体や周辺機器

パソコンにおいてはリサイクルが可能な品目になります。そのため、古いタイプのものでも業者に依頼すれば、大抵の場合は引き取ってもらえます。

その際にかかる費用は、パソコン本体は1台につき500~1,000円程度、モニターだけの場合は1,000~2,000円程度になります。ほかにも、コピー機などの周辺機器を依頼する場合は、サイズにもよりますが、2,000~5,000円程度の回収費用がかかります。

ちなみに、回収業者によってはデータの消去などのサービスを行なっていないところもあるため、個人情報などは自分で責任を持って削除することが重要です。

オフィス家具

なかにはオフィスの移転や入れ替えなどで、使用しているデスクや棚、ロッカーなどが不要になるケースがあるかと思います。

それらのオフィス家具の引き取りを回収業者に依頼すると、1台につき8,000~10,000円程度の費用がかかります。一般家庭とは違い、数も多くなるはずですから、処分費用は相当高額になるはずです。

 

不用品処分にかかる費用を節約するには「売る」のが一番

ここまで、品目ごとに処分費用の相場を紹介してきました。

処分費用は主に収集運搬料金と考えておけば大丈夫です。ざっくりいうと、業者の手数料のようなものです。

もちろん、不用品のサイズや数によって料金は異なります。また、リサイクル家電においては「リサイクル料金」別途かかります。

いずれにしても、不用品を処分を業者にお願いすると、それにかかる費用は決して安くはありません。数が多ければ数万円の負担になるので、あまり気が進まないという人もいるはずです。

そこで、オススメしたいのが、処分品を売ることです。

処分すると言っても、なかにはまだ使えるものもあるはずです。そのようなものは捨てないで、まずは売ることを考えると良いです。

対象は主にリサイクルショップです。また、サイズの比較的小さいものであれば、ネットオークションやフリマアプリなども有効です。

数千~数万円かかる処分費用が、売ることで負担が軽くなるどころか、プラスになって返ってくる可能性もあります。

リサイクルショップなどでは無料で出張査定してくれるところも多いため、まずは売れるかどうか確かめてみるのが賢明ではないでしょうか。最悪、売れなくても無料で引き取ってくれるケースもあります。その場合、処分費用は負担しなくてもよくなるため、非常に助かります。

 

まとめ

一般ゴミであれば、収集日にパッと捨てられます。しかし、大型家電や家具、特殊なパソコンなどは、一般ゴミとしては捨てれません。

まずは適切な処分方法を確認しましょう。さらに、それぞれの方法によって処分費用は異なるため、できるだけ損をしない方法をチョイスしたいところです。

ただ、大前提として、まだ使えるものに関しては売ることを考えるようにしてください。これが最も損をしない、というより、最もお得な方法です。

いらないものを処分でき、さらに現金を受け取れるのですから一石二鳥というものです。これは売れないでしょう?と思うようなものでも無料で引き取ってくれるケースもあるため、まずはリサイクルショップなどで出張査定してもらうことをオススメしたいです。