不要になった衣装ケースの処分方法

衣装ケースは服や小物などをしまっておくには非常に便利です。衣装ケース同士を重ねることもできるので、クローゼットの空間を有効活用できます。

ただ、ずっと使っているとボロボロになったり、新しく衣装ケースを買って古いものがいらないくなる場合もあります。

そんなとき、衣装ケースはどうやって処分すればいいのでしょうか。

今回は、衣装ケースの処分方法をいくつか紹介していきます。

 

衣装ケースを廃棄処分する

一般ゴミでは、燃えるゴミ、不燃ゴミ、プラなど、いろいろ分類がありますが、衣装ケースはどう分類するのでしょうか。

衣装ケースはサイズが大きいたいめ、一般ゴミとして捨てることはできません。その場合、自治体が有料回収を行います。

衣装ケースは粗大ゴミになります。

では、衣装ケースを粗大ゴミとして処分する場合は、費用はいくらかかるのでしょうか。

一般的には、300~500円程度かかります。自治体によって金額は異なるので、回収の予約する際に確認しましょう。

 

衣装ケースを粗大ゴミとして回収してもらう流れ

粗大ゴミ回収は予約が必要になります。パッと捨てて持って行ってもらえるものではないので注意しましょう。

1,予約

まずは、住んでいる自治体のホームページ、または電話から予約します。ネットであれば24時間受け付けているので、いつでも申し込めます。

2,粗大ゴミ処理券を買う

次に、粗大ゴミに貼る処理券(シール)を購入します。市区町村役所やコンビニ、スーパーなどで買うことができます。

ただし、販売しているところは自治体によって異なるので、ホームページもしくは電話で聞いておきましょう。

3,収集日当日の朝に衣装ケースを出す

収集日は自治体のほうから指定されます。その日の朝に、衣装ケースを指定場所まで持っていきます。

指定場所は、建物(家、アパート、マンションなど)の敷地内で、道路に面した場所です。つまり、回収トラックが来て、パッと持っていける場所のことです。

もし建物の前まで車が入れない場合は、トラックが通れる道まで粗大ゴミを持っていかなくてはいけません。

賃貸住宅の場合、粗大ゴミ置き場があるときもありますが、ない場合は敷地内の一角を借りることになります。事前に、粗大ゴミを置かせてもらうことを管理人に断っておきましょう。

なお、衣装ケースに「粗大ゴミ処理券」を貼るのを忘れないように気をつけてください。忘れてしまうと、回収してもらえません。

 

衣装ケースを一般ゴミとして処分することは可能?

衣装ケースは粗大ゴミとして処分すれば問題ないです。しかし、数百円とはいえ、処分費用がかかるのは残念です。

そこで、お金をかけずに衣装ケースを処分する方法はないのでしょうか。

自治体によって対応は異なりますが、ゴミ袋に入るプラスチックは一般ゴミとして捨てることができる場合もあります。その場合、可燃ゴミまたは不燃ゴミに衣装ケースは分類されます。

しかし、大きな衣装ケースをゴミ袋に入れるのは至難の技。

ですから、衣装ケースを解体してしまうのです。ちょっと強引な方法ではありますが、ゴミ袋に入りさえすれば問題ありません。

その際、衣装ケースをバラバラにするのにノコギリが必要です。普通のハサミでは固くて切れないと思います。

ただし、ノコギリがない場合は買うことになります。安くても1,000円程度はするので、反対に高くなってしまう可能性もあります。

ですから、ノコギリをすでに持っている、もしくは今後も使うという場合は、分解して一般ゴミとして衣装ケースを捨てるのも良いと思います。

しかし、そのためだけにノコギリを買うのはナンセンスです。その場合は、費用を負担して粗大ゴミとして回収してもらいましょう。

 

車があれば衣装ケースを処分場に持ち込める

また、処分場に自分で持ち込むという方法もあります。衣装ケースはサイズが大きいため、車が必要になりますが、その条件をクリアできれば可能です。

衣装ケースも大きさや数にもうよりますが、自分で持ち込めば、処分費用がかからないケースもあります。自治体などに問い合わせれば、処分場の場所や費用について教えてくれるはずですから、一度確認してみると良いです。

この方法であれば一番手っ取り早いですし、費用もかからないのでいいと思います。

 

衣装ケースを売ることは可能?

お得な方法として、リサイクルショップなどに売ろうと考えている人もいるかもしれません。

しかし、衣装ケースというのは、そもそも新品で買ってもそう高くはありません。それをわざわざ古いものを中古品として買う人も少ないです。

キレイな状態の衣装ケースなら数十円の買値がつくかもしれませんが、リサイクルショップに売ってもほとんど値がつかないか、引き取りに費用がかかってしまうと思います。

また、ヤフオクメルカリなどで売る方法もありますが、これもオススメできません。なぜなら、商品を送るのに送料がかかるからです。

中古の衣装ケースはそもそも高く売れないため、かえって送料の方が高くなってしまう恐れがあります。その場合、手間をかけて出品しても、結果、損をしてしまうことになります。

 

まとめ

衣装ケースは非常に便利なグッズですが、捨てるときは意外と手間がかかってしまいます。

方法としては、粗大ゴミ回収に出すのが一番無難です。多少費用はかかりますが数百円なので、安いものです。また、衣装ケースは軽いので、持ち運びも問題ないかと思います。

場合によっては、ノコギリで切って一般ゴミで出すことも可能です。ただ、結構面倒ですし、ノコギリを買う必要も出てきます。費用はかかりませんが、あまりオススメできる方法ではありません。

リサイクルショップ、ネットオークション、フリマアプリなどで売ることも可能ではあります。

しかし、ほとんど値がつかなかったり、送料などが高くついて、反対に損してしまったりする可能性もあります。

ですから、かなりキレイな状態で、それなりにいい値段で売れない限りは、売ることはオススメできません。

家具などの粗大ゴミを自治体で処分するときの手順

一般ゴミとは違い、大きな家具ともなると、そのまま捨てるわけにはいきません。

では、家具を処分するにはどのような方法があるのでしょうか。

一番確実なのは、自治体の粗大ゴミ回収に出すことです。収集を依頼するのに多少の費用はかかりますが、業者を使うよりはかなり安いと思います。

今回は、自治体での粗大ゴミ収集の手順を紹介します。

 

自治体での粗大ゴミ回収は費用が安い

大きな家具を処分するには、回収業者に頼む方法もあります。しかし、その場合は手数料が上乗せされるので、費用が高くなりやすいです。

たとえば、ベッドを処分するとなると、3,000~10,000円程度かかると思います。

一方、自治体の粗大ゴミに出せば、費用は500~2,000円程度で済むはずです。自治体によって金額は違いますが、とにかく安上がりです。

私も家具を粗大ゴミとして処分したことがありますが、そのとき

  • テーブル500円
  • ベッド800円
  • ソファ2,000円

程度の金額で処分できました。業者に数万円払うのと比べれば、かなり安いのが理解できると思います。

ですから、費用のことを思えば、自治体で粗大ゴミとして家具を捨てるのが良いです。

 

粗大ゴミを出したいときの手順

それでは、具体的にどうすれば家具を粗大ゴミとして捨てられるのでしょうか。

粗大ゴミ収集の特徴は、予約が必要だということです。一般ゴミのように勝手に出して、勝手に収集してくれるわけではありません。

まずは自治体に問い合わせて、直近の収集日がいつか聞きましょう。

さらに、その日までに粗大ゴミシールを購入します。家具1品につき、いくら分のシールを買えばいいのか教えてくれるはずです。

なお、粗大ゴミシールは市区町村役所やコンビニなどでも買える自治体もあります。

粗大ゴミシールに受付の時に指示された処理番号などを記入します。

粗大ゴミを出せるのは「回収日当日の朝」です。事前に出すことはできないので注意しましょう。

当日の朝、指定場所にシールを貼った家具を持っていけば、その日に回収してもらえます。

以上が、粗大ゴミを処分する流れです。

まとめると、

  1. 予約をする
  2. シールを購入する
  3. シールに必要事項を記入する
  4. 当日、指定場所に粗大ゴミを出す

といった流れになります。

 

粗大ゴミを捨ているときは指定場所まで自分で運ぶ必要がある

家具を粗大ゴミとして捨てるとき、一番問題なのが家具を運ぶことです。戸建て住宅であれば、粗大ゴミを玄関先、あるいは道沿いの入り口前まで運ぶことになります。

アパートやマンションの場合でも、玄関先まで取りに来てくれるわけではありません。車が通れる道に面した場所までは、自分で家具を運ばなければなりません。

これが一番厄介なところです。

たとえば、イスや小さめのテーブルなどなら、なんとか一人で運べるかもしれません。しかし、大型のベッドやソファ、テーブルともなると、なかなか一人で運ぶのは難しいです。

したがって、一人で家具を運べない場合は、誰か助っ人が必要です。とくに回収日時を指定されるので、助っ人が必要なときは前もってお願いしておくことが大切です。

当日になって家具が運べないなんてことになれば、処分が間に合わないこともあります。

 

粗大ゴミ収集の予約時期に要注意

粗大ゴミ収集をいつ予約するかも注意しておきましょう。

たとえば、引越しの時期が絡んでいるときは、一番注意が必要です。なぜなら、粗大ゴミ収集は予約してから2週間程度かかるケースもあるからです。

収集日は自治体から指定されます。自治体にもよりますが、おおよそ1ヶ月に1~2回程度です。したがって、予約のタイミングによっては、収集までに2週間以上かかってしまう場合もあるのです。

そこで注意したいのが、引越しのタイミング。

たとえば、来週引っ越す予定なのに、粗大ゴミ回収が2週間後ともなれば、処分が引越しまでに間に合わないことになります。

粗大ゴミは事前に出すことができないので、その場合は、自治体の粗大ゴミ回収はあきらめなければいけません。

ですから、引越しにともなって粗大ゴミを処分したいときは、余裕を持って早めに予約した方が良いです。そうすれば、早めに家具を処分できるので、引越しまでに処分が間に合わないなんてことも防げるはずです。

 

もし粗大ゴミ回収が間に合わなかったらどうする?

粗大ゴミ回収が引越しまでに間に合わなかったら、そのときはどうすれば良いのでしょうか。

その場合は、不用品回収の専門業者に依頼する方法があります。回収業者であれば比較的対応が早いため、急いで処分したいときでも間に合うと思います。

ただし、処分費用はやや高めになります。ですから、回収業者を使うのは、どうしても処分が間に合わないときにしましょう。

あるいは、引越し業者に依頼する手もあります。

引越しをするわけですから、その際に引越し業者を利用すると思います。実は、引越し業者にも「不用品の引き取りサービス」があります。ですから、引越しと不用品回収をまとめてお願いするのが最も効率的です。

それに、引越し業者にお願いすれば、家具の回収を引越しのタイミングで行ってくれます。つまり、処分したい家具を引越しのギリギリまで使えるということです。

これは非常に助かります。

ただし、引越し業者によって家具を引き取ってくれるところと、そうでないところがあるようです。ですから、引越し業者を選ぶときは、サービスの有無を基準に決めるのも良いかもしれません。

さらに、どの引越し業者を使うかによって、料金も大きく違うようです。場合によっては、同じ条件でも料金に数万円の差が出ることがあるようです。

つまり、選ぶ引越し業者によって、損をすることもあれば、得することもあるのです。

ですから、費用や不用品処分のことを考えると、引越し業者の選び方は、相当重要なポイントになりそうです。

引越し業者を選ぶときは、料金やサービス内容はもちろんのこと、さまざまなポイントを比べると良いです。さらに、見積もりの方法や当日の注意点などもあるようです。

そのあたりの詳しいことは専門外なのですが、「得する!単身引越しの極意」というサイトにかなり詳しく解説が載っています。

単身者専用のサイトのようですが、引越しにかかる費用が安いなるポイントについての詳細がわかりやすく載っていました。

引越しの準備を進めようとしている人は、一度参考にしみると良いと思います。

 

まとめ

引越しの際、大型家具を処分する方法はいくつかあります。

  • 回収業者
  • 引越し業者
  • 粗大ゴミ収集
  • リサイクルショップ

回収業者は便利ですが、費用が高いのがデメリットです。ですから、このなかで一番確実なのは、粗大ゴミ回収で処分する方法です。なぜなら、費用が一番安いからです。

ただし、「早めの予約」と「回収場所までの運搬」が肝心です。その点をクリアできれば、ベストな処分方法でしょう。

あるいは、リサイクルショップに売るという手もあります。

しかしながら、家具の状態が良くなければ、買い取ってもらうのは難しいでしょう。ましてや捨てたいほどの家具ですから、反対に処分費用を請求される可能性もあります。

そのとこを踏まえると、やはり自治体の粗大ゴミ回収が無難です。

そのときは、上の説明を参考に、早めから準備を進めましょう。あとは、運搬するための助っ人をお願いしておくのも忘れないようにしてくださいね。

ニトリで家具を買い替える際に不用品を一緒に処分してもらう方法

(出典:https://www.nitori.co.jp/

ニトリといえば、「お値段以上、ニトリっ!」という宣伝文句が有名です。確かに価格帯は良心的なものが多く、そのわりにしっかりしたものが揃っています。

そのため、引越しや生活環境の変化にともない、ニトリの商品が活躍することも多いことでしょう。とにくニトリで家具を買い替えるという人もいるはずです。

その際、新しく買う家具は届けれもらえますが、古くなったものは引き取ってもらえるのでしょうか。

今回は、ニトリで家具を買い替える際の処分方法を紹介したいと思います。

 

ニトリは中古家具の引き取りは可能?

できれば新しく買った家具を持ってきてもらうついでに、今まで使っていたものを引き取ってもらえればベストです。そのようなことはニトリでは可能でしょうか。

ニトリのホームページを見ると、ニトリで商品を購入の際、家具を引き取るサービスはあるそうです。購入した商品を同じ種類で、同じ容量であれば、不要になった家具を1品につき3,000円で引き取ってくれます

少し高く感じるかもしれませんが、回収業者に依頼するとしてもそれくらいか、もしくはそれ以上の金額はかかりますし、新しい家具と交換する感じで引き取ってもらえるのでスムーズです。

ただし、大前提として、ニトリで新しく家具を買うことが条件になります。

 

ニトリの家具は買取してもらえるの?

なかには、家具を売ってしまおうと考えている人もいるかもしれません。

確かに、状態が良ければ、家具は処分せずに売ることも可能です。

しかしながら、業者によってはニトリの商品は買取対象外となっているところもあります。なぜなら、ニトリの商品は安価なものが多く、それが中古ともなると、ほとんど価値がないものもあるからです。

さらに、ニトリは全国に店舗があるので、ニトリの家具はどこでも買えるというのも理由です。そのため、中古であるニトリの家具を引き取っても、正直、あまり利益が見込めないということでしょう。

このような理由から、ニトリの家具は買い取ってもらえない場合もあります。

 

ニトリの家具を処分する方法

それでは、ほかにはどのような処分方法があるのでしょうか。

ニトリの家具をヤフオクに出品する

たとえば、ヤフオクなどのネットオークションに出品する方法があります。

正直、ネットであれば何でも売れてしまうというメリットがあります。ですから、ある程度使えそうな状態の家具であれば、ヤフオクなどに出品するのも手です。

とくにニトリの家具は組み立て式のものが多いため、キレイにバラしてから発送すればコンパクトになり、送料の負担を減らすことも可能です。

ですから、1円でもお金に変えたいという人は、チャレンジして見るのも良いと思います。

ただし、ネットオークションに出品するのは少々手間がかかります。写真を撮って説明を書き、梱包して発送するという作業です。そのため、慣れていない人からすると、少し面倒に感じると思います。

とはいえ、思わぬ値段で売れる可能性もあるので、リサイクルショップなどで買い取ってもらえなかった場合は、出品してみるのもありです。

不用品回収業者に引き取ってもらう

また、ネットで調べれば、地域の不用品回収業者が検索でヒットするはずです。もちろん有料にはなりますが、家具だけでなく、大抵のものは引き取ってもらえます。

また、回収業者の場合は、引き取りを依頼してからの対応が比較的早いです。なので、引越しのタイミングなどで急いで処分したいときなどは便利です。

注意しておきたいのは、回収業者の選び方です。

実は、無料回収などをうたっている業者のなかには、収集を無許可で行なっているところもあります。最悪の場合、不法投棄などに加担している可能性もなくはないので、必ず許可業者に依頼するようにしてください。

調べる方法としては、業者のホームページなどをチェックすると良いです。サイト上に認可を受けていることが書かれてあれば、問題ありません。

あるいは、自治体に回収業者を紹介してもらうのもアリです。そうすれば、すぐに許可業者が見つかるはずです。

 

まとめ

ニトリの家具は安くて比較的質がいいため、選んで購入する人も多いです。その証拠に、ニトリの店舗は全国に拡大しています。

ただ、ニトリの中古家具を売ることを考えると、やや不利な傾向があります。ニトリの家具はもともと安価ですし、市場にもたくさん出回っているからです。

そのため、売ったとしてもほとんど値段がつかないか、反対に処分費用を請求される可能性があります。

無難なのは、ニトリで家具を買い替える際に、古い家具をいっしょに引き取ってもらう方法です。1品につき3,000円程度の費用はかかりますが、一番スムーズな方法だと思います。

あるいは、回収業者にお願いしたり、ヤフオクなどのネットオークションで売ることも可能です。回収業者の場合は、すばやく引き取ってもらえる場合が多いので、急ぎのときは便利です。ヤフオクでも手間はかかりますが、意外といい値段で売れるかもしれません。

このように、ニトリの家具を処分する方法はいくつかあります。ただ、それなりに手間や費用はかかります。

そのとこを踏まえ、あなたにとってできるだけベストな方法を選んでみてください。

大型家具を捨てたい!不要な家具を処分する5つの方法

引越しの際、意外と厄介なのが、不用品の処分です。準備を進めるうちに、出るわ出るわ不用品の数々。

もちろん一般ゴミであれば、いつもどおりに捨てれば問題ありません。

しかし、ベッドやソファ、テーブル、本棚など、大型家具ともなるとそうはいきません。

そもそも持ち運びも大変なので、「どうやって処分しよう・・・」と困ってしまうケースも少なくありません。

そこで今回は、大型家具の処分方法について説明したいと思います。

 

大型家具が不要になるケースとは?

ソファやテーブル、イス、ベッドに棚、タンスなど、普段の生活を快適に過ごすのに活躍してくれる家具。サイズが大きのはもちろんのこと、それなりに値段もするため、長く使っている人も多いはず。

とはいえ、ボロボロになってきたり、部屋の大きさが変わったりすると、引越しのタイミングで家具を買い替えいようと検討している人もいるのではないでしょうか。

ただ、大きなものですと、とても一人では運べませんし、そもそもどうやって処分したら良いのか知らない人も少なくありません。そうそう機会があるわけではないですから。

大型家具の処分方法について、以下で詳しく紹介していきたいと思います。

 

大型家具は粗大ゴミとして処分できる

大型家具の処分方法として、最も一般的なのは「粗大ゴミとして捨てる方法」です。つまり、自治体に回収してもらうのです。この方法が一番無難です。

方法としては、まず引き取りの申し込みが必要になります。その際、粗大ゴミシールを購入し、それを不要な家具に貼ります。

処分費用は自治体によって異なりますが、驚くほど高くはありません。むしろ業者に依頼するよりは、はるかに安いです。

以前、ベッドのマットレスを処分したときは800円でした。3人がけのソファを処分したときは、2,000円程度だったと思います。

なお、自治体から回収日を指定されるので、その日の朝に指定場所に家具を持っていく必要があります。大きなものの場合は、誰か助っ人を頼んでおくと良いです。

 

指定引取場所に自分で持ち込む

もし家具を運搬できる車があれば、指定引取場所に自分で持っていくこともできます。もちろん、そのほうが回収を依頼するよりは費用が安くなります。

ただし、この場合も車に家具を積み込むことになるため、サイズが大きいものがあるときは助っ人を頼みましょう。

 

リサイクルショップで売る

不要になった家具でも、まだ十分に使えるものもあると思います。比較的キレイな状態であれば、リサイクルショップに買い取ってもらえるかもしれません。

粗大ゴミとして処分すれば費用がかかりますが、売ればお金に変えられるのでお得です。

また、大事にしてきた家具ですから、もし次に買い手が見つかれば、家具もまだまだ役立てるというものです。ですから、まず売ることを考えるのが賢明です。

とはいっても、傷や汚れが目立つ家具ですと、リサイクルショップでも買い取ってもらうのが難しい場合があります。再販が目的だからです。

まずは近くのリサイクルショップに電話をして、ある程度の値段がつきそうか聞いてみましょう。そこで買い取ってもらえそうなら、実際に出張査定をお願いします。

なお、引き取りはリサイクルショップのスタッフが行ってくれるので、あなたが持ち運ぶことはないので心配いりません。

 

不用品回収業者に引き取りを依頼する

家具が買い取ってもらえない場合は、仕方ないので処分するしかありません。さきほど粗大ゴミとしての処分方法を紹介しましたが、専門の回収業者に依頼することもできます。

回収業者の場合は、依頼をしてから引き取ってもらうまでが比較的早いのがメリットです。場合によっては即日に引き取ってもらえるケースもあるので、急ぎのときは助かります。

ただし、粗大ゴミ回収とは違い、業者への手数料が発生するのがデメリットです。そのため、処分費用としては比較的高めになります。

したがって、以下のような場合は回収業者を検討しましょう。

  • 急いで家具を処分したい
  • 家具を持ち運べない
  • リサイクルショップで売れなかった

この場合は、仕方ないので回収業者に依頼するほかありません。

回収業者を利用するときの注意点としては、許可を受けていない業者には絶対頼まないことです。なかには無料回収をうたい、回収を宣伝している業者もありますが、認可を受けていない業者があるのも事実です。

そのような回収業者は最悪の場合、不法投棄に加担しているケースもあります。つまり、違法業者ということです。

ですから、回収業者を選ぶときは、ホームページなどをチェックして、きちんと許可を受けているか確認する必要があります。あるいは、自治体から許可業者を紹介してもらうことも可能です。

 

引越し業者に引き取ってもらう

引越しのタイミングで家具を捨てたい場合もあるかと思います。そのようなときは、引越し業者にまとめて頼むのが手っ取り早いです。

なぜなら、引越しのタイミングで家具を引き取ってもらえるので、段取りが非常にスムーズだからです。

引越し業者を決めるときはまず見積もりを取ることになると思うので、そのときに家具を引き取ってほしい旨を伝えてください。さらに、処分費用も含めた料金を教えてもらいましょう。

なお、処分費用においては、この方法が一番高くなってしまう可能性があります。ですから、費用のことを考えると、早めから準備をして、上記の方法で処分することをオススメします。

しかし、引越し業者を使うと、はやり便利です。業者よって料金が違うので、比較してできるだけ安いところを選ぶと良いです。

 

まとめ

やはり大型家具ともなると、すんなり処分することは難しいです。

ただ、どんなものでもそうですが、まずは売ることを考えるのが先決です。もし売れれば、処分費用を負担するどころか、お金に変えらるからです。

処分する場合は、粗大ゴミ回収、持ち込み、回収業者、引越し業者などの方法があります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、あなたの状況にあった方法で処分するようにしてください。