白物家電を買い替えるときに不用な家電はどう処分するのがベスト?

日常生活において、家電を使う頻度はかなり高いと思います。ですから、どれだけ大切に使っていても、いずれ寿命がきます。あるいは、引越しや結婚、住み替えなどのタイミングで、家電を新しいものに買い替える人もいると思います。

その際、古くなった家電はどう処分するのが良いでしょうか。

方法としては、

  • 家電量販店に引き取ってもらう
  • 指定引取場所に自分で持ち込む
  • 回収業者に引き取ってもらう
  • リサイクルショップで売る

などの方法があります。

どの方法も難しくないので、都合のよい方法を選べば良いです。

ただし、処分費用は大きく異なります。ですから、その点を基準に処分方法を考えてみることをオススメします。

今回は、いらなくなった白物家電の処分方法を紹介します。

 

家電量販店に家電を引き取ってもらう

家電を買い替える場合、お店の配達係が自宅にきて新しく買った商品を設置してくれます。その際、お願いをしておけば、今まで使っていた家電を同時に引き取ってもらうことも可能です。ちょうど、新しいものと古いものを入れ替えるようなイメージです。

実際、この方法が一番効率的ですし、手間もかかりません。

新しい家電の設置費用は無料になっている場合が多いですが、引き取りには別途費用がかかります。

とくに、エアコン、テレビ、洗濯機、冷蔵庫はリサイクル家電になるため、運搬料金に加え、リサイクル料金もあなたが負担することになっています。

品目やサイズにもよりますが、引き取りにかかる費用は2,000~6,000円程度が相場です。ちなみに、リサイクル料金は品目ごとに決まっており、お店によって変わることはありません。

 

指定引取場所に自分で家電を持ち込む

ただ、不用になるといっても、必ずしも買い替える場合とは限りません。単純に捨てたいだけのときもあるはずです。

もし家電を運搬できる車があれば、指定引取場所に自分で持ち込むこともできます

ただし、この場合、最もやっかいなのは、自分で家電を運ぶ必要があるということです。運べる車があっても、自力でそこまで持っていくのは結構大変だと思います。

また、リサイクル券ををあらかじめ購入する必要もあります。その条件をクリアできるのであれば、業者に頼まなくても、自力で処分できます。

この際、運搬料金がかからないため、家電量販店や回収業者に依頼するよりは費用を抑えられます。

 

回収業者に家電を引き取ってもらう

また、不用品を専門で扱っている回収業者もあります。

回収業者のメリットは、依頼してから引き取りまでの対応が早いことです。場合によっては、即日に回収してもらえることもあります。ですから、急ぎの場合は、回収業者を検討することをオススメします

しかし、リサイクル料金に加え、業者の手数料が比較的高くなりやすいのがデメリットです。そのため、家電量販店に引き取ってもらうより負担額が増えると思います。

また、回収業者のなかには認可を受けていないところもあるのが実情です。最悪の場合、その業者が不法投棄に加担している可能性もあります。間違っても、そのような業者は利用しないでください。

無難なのは、自治体から許可業者を紹介してもらうことです。地域の回収業者であれば手数料もそこまで高くないですし、安心して依頼できます。

 

リサイクルショップに家電を売る

ここまでは処分することを前提に解説してきました。

ただ、なかには、いらいないものでもまだ使える家電もあるはずです。たとえば、「サイズが小さいから買い替えたい」というときは、まだ使えても不用になるケースがあります。

そのような場合は、真っ先に処分するのではなく、まずは売ることを検討しましょう。まだ使えるのですから、中古品として買い取ってもらえる可能性があります。

リサイクルショップはネットで探すのがオススメです。地名を含めて検索すれば、近所のリサイクルショップがピックアップされるはずです。

そのなかから、無料で出張査定してくれるお店を探しましょう。大抵のお店は出張査定に対応してくれるはずです。ポイントは「無料で」行ってくれるところです。

リサイクルショップを何店舗か候補をあげたら、つぎにそれぞれのお店に電話しましょう。その際に、家電の種類や年式などを伝え、いくらで買取できそうか概算でも良いので見積もりを取りましょう。

そのうえで、買い取ってもらえそうなリサイクルショップに出張査定を依頼します。

あとは、自宅を訪問したスタッフに査定しもらい、買値に納得できればそのまま引き取ってもらえば大丈夫です。もちろん、自力で運ぶ必要もありません。

この場合、処分費用を負担するどころ、いらなくなった家電をお金にかえることができます。この方法が一番お得な方法であるのは間違いありません。

ただし、リサイクルショップも中古品として再販するのが目的ですから、あまりにも古いものや状態の悪いものは買い取ってもらえないことが多いです。お店にもよりますが、年式が5~7年を超えてしまうと、一般的には買い取ってもらえないケースが多いです。

ただ、あくまでも状態によるので、比較的キレイなものであれば買値がつくかもしれません。場合によっては無料で引き取ってくれることもあるので、処分費用を負担せずに済みます。

 

まとめ

今回は、家電の処分方法についての解説でした。

一番現実的なのは、家電量販店に引き取ってもらうことです。買い替える場合は、購入店に引き取りをお願いしましょう。

また、家電を買い替えなくても、近所の家電量販店にお願いすれば、有料で回収してくれます。

あるいは、自治体に回収業者を紹介してもらうのも方法の一つです。回収業者は比較的に対応が早いので、急ぎのときは便利です。

ただ、大前提は、まず売ることを考えて欲しいです。もし買い取ってもらうことができれば、処分費用を負担するどころか、不用品をお金に変えることができます。

リサイクルショップによって条件は異なるので、事前に電話でリサーチして、買い取ってもらえそうなお店に出張査定を依頼するのがベストです。

白物家電はサイズが大きいので、処分するのにも費用がかかります。とくにリサイクル対象品は負担額も増えます。

しかし、もしその家電が売れれば、それに越したことはありません。上記の方法を検討し、あなたにとってベストは処分方法を考えてみてください。